2016年06月30日

タンブンしようぜ!

タイ人の9割は仏教徒だそうです。
お寺に熱心にお参りに行きますし、信心深いです。
生活の中に普通に仏教が溶け込んでいる感じです。

そしてタイ人はタンブン(ทำบุญ tham bun)を熱心にしますね。
タンブンというのは「善行をし功徳を積むこと」だそうで、わかりやすく言うと、「いいことをする」ということです。
どんなことが’タンブン’なんでしょう?
寺に寄進をしたり、参拝したり、読経をしたり、街でボランティアや人助けをすることが「タンブン」なんだそうです。

タンブンしてもっと幸せに!
そうタイ人はみんな思っております。
なので熱心にお寺に通うし、道端にいる物乞いにお金を恵んだり致します。


そんなタンブンですが、手っ取り早く「いいこと(タンブン)」をする方法があるんです。
お寺などで、タンブン用として店が売っている魚や水生生物・鳥を購入し、逃がしてあげるのです。
プローイ・プラー(ปล่อยปลา plɔ̀ɔy plaa)といいます。

とらえられている、売っている動物を逃がしてあげる!
なんという徳の高い行為でしょう!


何を書いているのだ?
とお思いでしょう。
僕もですw

深く考えてはいけません。
長い歴史の間にこういうシステムが確立されたんです。
素直にそういうものだと受け入れましょう。

IMG_3334.jpg

IMG_3471.jpg
というわけで、お寺などに行くととらえられた鳥などが売っています。

川や池の近くですと、魚、カエルなども売っています。
これらを購入して逃がすと、徳の高い人になれます。

えーーー!?

いや、受け入れましょう。

では、なにを、どれだけ、どうやって逃がせばいいのか具体的に説明いたします。
しかし、僕も「にわか」ですので間違ってることも多いと思います。
その時は教えていただければ、こっそり修正いたしますw

逃がす動物の種類によってご利益が違う、という話は前から聞いていたんです。
でも、具体的な詳細はわからないままだったのですが・・・
先日近所のお寺に行ったら、タンブン屋さん(とはいわないかw)に細かい説明の書かれたラミネートカードがおいてありましたw
なんだw これがあれば簡単w

IMG_3332.jpg
と思ったけど、簡単じゃねーよ!!

しかし、頑張って訳しましたよ!
辞書と格闘して2時間半です。

その成果は、以下の通りです。
細かい訳は間違ってるかもしれませんが、大きな意味では合ってるかと〜。



フォン(雨)の店 全動物の放流(解放)の意味

ノック(鳥)     
人生の健康と繁栄のため お金と金を授かる扉を開く
旅行の便利安全 危険や事故などから逃れる。

プラー・ラーイ(ウナギ)   
人生でするいろんなことがなめらかに 障害から逃れる 目的に目指して進む
仕事が滑らかで早くできる お金がざくざく 勉強が妨げられない

プラー・タピアン(コイ科の魚) 
人生が繁栄 商売ビジネスが繁栄発展

プラー・ブー(ハゼ科の魚) 
恩恵に報いるため 父上母上恩義のある人を思い出す 
保護で安泰にいられる  

プラー・タップティム(赤ティラピア) 
家族愛 幸福とだけ出会う

プラー・クラディー(グーラミ) 
いいこととだけ出会う 良い社会 そして、愛を持った時も幸せ

プラー・ドゥック・ブアック(ナマズの一種) 
吉兆の魚はいいことだけを運ぶ 人生を進んでいく どんな仕事も 希望が達成する
       
プラー・ドゥック(ナマズ) 
敵とライバル無しに  敵とライバルが圧倒される 

プラー・ラーフー(エイ) 
厄払い 悪運を断つ 悲しみを断つ 病気を断つ 危険を断つ

プラー・スワーイ(カイヤン) 
運を強くし権力を強くする 非常に運をよくする 

プラー・カーオ(フナ)
 
色が白か銀なので、幸運を運ぶ魚 明るい性格に

プラー・クラーイ(スポティッド・ナイフ・フィッシュ) 
今までで悪いことがあった人生から、転じてよくなる

プラー・チャドー(チャドー)  
仕事の義務が前進 仕事の地位が上がる 素晴らしい地位に

プラー・モー(キノボリウオ科の魚) 
体が丈夫で健康に 病気危険熱痛みから逃れる

プラー・ニン(ティラピア) 
いろんな積み上げることを助ける 不吉を除いて

プラー・チョーン(雷魚) 
銀のスプーン金のスプーンがうちに入る 隠れたものが見つかる

プラー・ジャーラメット(バターフィッシュ) 
お金が手に入る 金が手に入る たくさんの利益

タオ(カメ) 
長寿 病人はその日に治る

タパープ(スッポン) 
様々な脅かす危険が平穏でよりよく 幸運期に

ゴップ(カエル) 
古いも新しいも障害を断つ 意図したことも意図してなくても
徳や善行を亡くなった方に後悔なく捧げる  

タオ・イープン(日本カメ)  
しっかりと安定した人生 しっかりとした幸せ

プー(カニ) 
親しみがあり運を造る後援者を得る 上手くやる
占星術の助けを得て徳を得る 

ホーイ・コム(タニシ)  
苦しみを捨てる  幸せになる人生の安泰 後輩をいっぱい持つ  


とはー、以上!
どうですか!


IMG_3473.jpg
なんと、頑張って訳したのに、同じ店に英語版があるの見つけちゃった・・・
僕の努力ははいったい・・・


この中で自分が望む願いの動物を選んで放流すればよいです。
混ぜてもオケー。

もちろんどの店にも全種類は売っていません。
大きな魚とかね。
何があるのか事前に店の人に聞いてくださいね。

市場に行けばタンブン用の魚も売っていたりします。
そこで買って、普通に川や池に流してもいいみたいですね。

IMG_3337.jpg

IMG_3340.jpg

IMG_3341.jpg
こちらはオンヌットにあるオンヌット市場のタンブン用魚屋さん。
タンブン慣れした人は市場で購入いたします。
そのほうがお値段も安いし、種類も多いですからね。

IMG_3338.jpg
ちゃんと看板にもご利益と放流するのによい曜日、数も解説されています。

曜日? 数??

そうです。
プローイ・プラーには曜日や数なんかも細かく決められているんです。
めんどくさいですね〜〜〜。

でも、ちゃんとやればご利益も大きそうじゃないですか?
頑張りましょう。

IMG_333302.jpg
まずは、先ほどのラミネートカードを裏返します。
そこには細かい解説が。
うう・・・がんばって訳します・・・

みなさん、ついてきてる?
今は必要ない人も、いつか必要になってこのページに戻って来てくれることを祈って!


IMG_333300.jpg
左上の説明から。
「ピーチョン(グ)を祓う魚放流のタンブン 2559」

2559は仏歴です。
西暦2016年の今年は仏歴では2559年になります。
タイでは普通に仏歴を使います。

ピーチョン(グ)というのは運の悪い年という意味で、大殺界、とかそんな感じでしょうか?

寅年 100% 申年 75% 蛇年 50% 豚年 25% (悪い)

豚年?? 
タイも十二支ですが、動物が一部違います。
猪の代わりが豚年になります。

この年の方は、厄を祓うために自分の年齢と同じか1つ多くの数の魚を誕生日に逃がすべき、と。

もし誕生日が近い方は、参考までにw
今年(2016年)限定の情報です。


IMG_333301.jpg右上です。
「誕生日の魚の放流」

年齢の最後が「5」か「9」(例 25歳、29歳、39歳)の方は誕生日に以下の魚を自分の年齢と同じか年齢プラス1匹の魚を逃がすべき
、と。

タイでは自分の生まれた曜日というのが重要になります。
みなさんは自分の生まれた日が何曜日かご存知ですよね?

え?しらない??

こちらのサイトでチェックしておいてください!!

日曜日生まれの方 ウナギを逃がすべき
月曜日生まれの方 鳥を逃がすべき
火曜日生まれの方 タニシを逃がすべき
水曜日生まれの方 ウナギを逃がすべき
木曜日生まれの方 カメを逃がすべき
金曜日生まれの方 プラー・モーを逃がすべき
土曜日生まれの方 ウナギを逃がすべき  



IMG_333303.jpg
一番下の段です。
最後は、何匹逃がせばいいかですね。
これも、生まれた曜日によって変わります。
逃がす魚等は種類が混ざってもよく、トータルの匹数だそうです。

月曜日生まれの方     15の命を逃がす
火曜日生まれの方     8の命を逃がす
水曜日生まれの方(昼間) 17の命を逃がす
水曜日生まれの方(夜)  12の命を逃がす
木曜日生まれの方     19の命を逃がす
金曜日生まれの方     21の命を逃がす
土曜日生まれの方     10の命を逃がす
日曜日生まれの方     9の命を逃がす


けっこういっぱい逃がさないといけませんねw
これは目安でいいと思います。
タイ人も守ってないですw
(水曜日は特殊で、昼の時間生まれと夜生まれとで分けられます)

IMG_3470.jpg
放流の仕方は、川べりで願い事を想いながら逃がします。
本来なら読経しながらがベスト(無理w)。

川、たいてい汚いので、逃がすほうが生物にとってひどい気もしますね。
しかも、すぐそこでまたその逃がしたのお店関係の人が捕まえてますw
小鳥なんかも、またすぐ捕まえられるように羽の一部が切られている、という噂も。

そうなると疑問がわいてきます。
お店関係の人の「罪」はどうなってるんでしょうね〜?

タイ語学校の先生に伺うと、「お店の人も市場で売られてるのを買ってあげて、逃してあげてるからタンブンになるんじゃない?」と笑っておっしゃっていました。
なかなかの都合のいい理屈ですね。
ほんとにそういうとこが緩くて大好きw

こんな感じで、タンブンできるお寺はいくつかあります(主に川や池沿い。すべてではない)。
僕が写真も撮っているお寺は、オンヌットのワット・マハーブットです。
プローイ・プラーのタンブンがしたくなったら、ぜひこちらにどうぞ!

もし何か人生に詰まったり困ったことがあったら、ぜひタンブンしてみてくださいませ!
いいことあるかもしれませんよ〜!




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 20:48 | Comment(10) | タイ情報