2016年07月30日

吹き抜けシリーズ第03回 サイアム・ディスカバリー

バンコクデパート、吹き抜けシリーズ!
コレクションの第3回は、サイアム・ディスカバリーです!

こちらは以前取り上げましたねー。
「ハイセンス!サイアム・ディスカバリー」

しかし、今まさにバンコクで最新の吹き抜けですので、これを外すわけにはいきません。
ぜひ今見ていただきたい吹き抜けであります!

BTSサイアム駅にあるサイアムディスカバリーですが、MBKセンターからもスカイウォークを通じていくことができます。
サイアム・パラゴンとサイアム・センターと同じザ・モール・グループ
サイアム駅からこの3つは連結して建てられています。

IMG_4046.jpg
ご存知のように、2016年5月に1年の月日をかけて大幅リニューアルしたサイアム・ディスカバリー。
日本人デザイナー、佐藤オオキ氏が手掛けたとのことです。
nendoというデザインオフィスの代表。

佐藤オオキさんとはどういう方か調べてみますと、建築も手掛ける超人気デザイナーさんで、特に建築専門ではないようですね。
2006年にNeawweek誌の「世界が尊敬する100人」に選出され、2012年にデザイン界最高の栄誉と言われる、EDIDAデザイナー・オブ・ザ・イヤーを最年少で受賞されたそうです。
お〜、す、すごい!

サイアム・ディスカバリーは外観と内装を手掛けられたみたいです。
「アナザースカイ」や「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演してたので、見たことある方も多いかと。
しゃべりも面白い方です。

リニュール前のサイアム・ディスカバリーも何度か行ってるんですけど、どんなだったか忘れちゃいました〜。
なんか味気なく、エスカレーターで通るだけ、狭くて見て回る楽しさがなかったような印象。

IMG_4049.jpg
おそらく中の設計自体がらりと変えてると思うんですけど、どうでしょう。
リニューアル後は、狭いながらも奥まで見渡せて、開放感があります。

IMG_4050.jpg
キューブなオブジェと相まって、立体感をすごく感じさせる作りになっていますね。
複雑に交錯する通路を歩き回ると、いろんな角度からフロアを見渡せます。

IMG_4048.jpg
上部のブルーなスクリーンは、正面に写真を撮ってもらえるブースがあって、そこで撮って映し出してもらえます。
たぶん、無料。
ぜひ自分の写真を吹き抜けに飾ってみてはどうでしょう?

僕はやる勇気ないですけどね〜w



ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 09:02 | Comment(4) | タイの吹き抜け