2016年07月13日

はてサテ、サテのソース問題

サテ(สะเต๊ะ sàté)、というタイの屋台飯をご存知でしょうか?

鳥や豚の小さな肉片を串に刺し、香辛料でつくったタレに漬けて焼いたものです。
東南アジア全域で同じ名前の料理があります。

IMG_3438.jpg
タイでは鶏肉のガイサテ(ไก่สะเต๊ะ kàisàté)、豚のムーサテ(หมูสะเต๊ะ mǔsàuté)が一般的。
他国だと水牛、うさぎなんかも串に刺されるようです。

IMG_3364.jpg
美味しそうですね〜〜!

IMG_3437.jpg
1本2本単位では売ってもらえず、たいてい10本、20本という単位で購入します。
1本4B(12円)くらいから。

この串焼き肉にピーナッツクリームソース(ソーストゥアซ๊อสถ่ัว sɔɔtthùua)をつけて食べるのが、サテ であります。

ピーナッツクリーム!?
まじかよ!

とお思いでしょう。
僕もです。

甘いソースで食べるんですよ。
信じられません。

ピーナッツソースには唐辛子も若干混ぜたりしますが、やはり甘さが勝ちますね。

よくサテ屋台では一緒に食パンも売ってるんですよ。
試しに、余ったピーナッツソースをコンビニで買ってきた食パンにつけて食べたらすごく美味しかったですw
というか、むしろそっちのが合いますな。

これとは別にキュウリや玉ねぎを砂糖酢漬けにしたアージャーッ(อาจาด aacàat)というタレもあります。
こちら、最初はキュウリとか付け合わせかと思ったのですが、この砂糖酢のタレに漬けて食べるのが正解だそうです。(もちろん付け合わせでもあり)

結局甘いのかよw

IMG_4033.jpg
右がアージャーッ、左がソーストゥア。

何もつけずに食べると、若干ぱさぱさしてるんですよね。
んー、惜しい、もっとこうなんとかならないものかー!

このピーナッツソース、ほかの国のサテもやはり同じみたいなのです。
東南アジアの皆さん、この味で満足してるんでしょうか?
日本人の味覚には合わないですよ!
違う味を試してみようという人はいないんでしょうか??


そんな僕と同じ疑問を持った方に朗報です。
日本の東京都・練馬(もしくは江古田)にある立ち飲みタイ料理屋ひょうたんにはカレーソースのサテがメニューにあるのです!

IMG_9016.jpg
立ち飲みのタイ料理屋というなかなか変わったスタイルの居酒屋ですけど、名物店長と気のいいタイ人ママさん、タイ人あんちゃんが切り盛りしてしていて、なぜかかわいいバイトの女の子が入れ替わり働いております。

店内はいつも客がいっぱいで、僕も日本に住んでた時はよく通っておりました。
日本に帰る時もよく寄っています。

ここは料理もすごく美味しいのです。
サテ自体は作り置きしたものを注文されたらレンジでチンしている模様ですがw、このサテのカレーソースが絶品!
一皿3本で380円と日本ならではのお値段ですけど、ぜひ食べてもらいたい一品です。

そして、このカレーソースのサテをタイでもぜひ普及してもらいたいんですよね〜。
タイ人はカレー(インドカレー)があまり好きじゃないですけど、在住日本人には受けると思うんですけど。


というわけで、サテ問題に一石を投じる今回のエントリーでしたw。
最近、甘いピーナッツソースも美味しいと思うようになってきちゃってますけどねw
ぜひだれかご一考を!




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 23:47 | Comment(8) | タイグルメ