2016年08月29日

バンコクの中心でパワーをもらおう! サーン・ラックムアン

ラックムアン(หลักเมือง làk mɯɯaŋ)というのをご存知でしょうか?
タイの主要都市にある、その街の「礎」となる柱のことです。

ウィキによると、1782年4月にラマ1世がトンブリーからバンコクに遷都するとき、バンコク最初の建造物としてラックムアンを建立したそう。
そしてバンコクが繁栄したのはご存知の通り。
それを見習いほかの都市でも街を興すときにラックムアンが建立されることになったとのことのようです。
基本となるのは、ヒンドゥー教におけるリンガの信仰、シヴァ神の持つエネルギーの象徴であります。

そんなラックムアンはサーンチャオ(ศาลเจ้า sǎan câu 祠・神社)に祀ってありまして、サーン・ラックムアン(ศาลหลักเมือง sǎan làk mɯɯaŋ)と呼ばれています。
サーンが祠
ラックが柱・基礎
ムアンは街です。

僕は新しい街に行ったとき、ラックムアンがあれば寄るようにしております。
その街に来られたことのお礼もしたいですし、街のパワーのおすそわけもいただきたいですから!


と言っても、実際はあまり行ってないですが・・・
けっこうどこもわかりづらいところにあったりするんですよ。

IMG_4725.jpg

IMG_4727.jpg
ロイエットのラックムアン。
これは街のど真ん中の公園にあるのですぐ見つかります。

IMG_6280.jpg
コラートのラックムアン。
散歩してたら偶然見つけました。
かなり中華色。

IMG_0662.jpg
チェンマイのラックムアンはワット・チェディルアンの一画にあります。
なんと、女人禁制の祠であります。

IMG_0657.jpg
祠の中は豪華絢爛! 素晴らしい装飾がなされています。
しかもラックムアンは柱ではなく、釈迦如来像であります!
これは珍しい! というか、たぶんこんな形なのはここだけでしょうな!
胸の前で手を重ねる珍しい印相。

IMG_0658.jpg
後ろから。

IMG_0659.jpg
壁画も色鮮やか! タイで一番ゴージャスなラックムアンといえるでしょう!

IMG_5061.jpg
パヤオのラックムアン。
撮影当時は改修中でしたが、現在は工事も終了。

IMG_4315.jpg
チェンライのラックムアン。
ウィキには、「チェンライのラックムアンはワット・プラタートチョームトーンに吹きさらしで置かれ祠がない」とあります。
でも、僕が散歩中偶然見かけたワット・クランウィヤン(วัดกลางเวียง Wat Klang Wieng)にも「ラックムアン」と書かれた柱がありました。
どちらが公式でしょうね?

IMG_0735.jpg
ピッサヌロークのラックムアン。
正面ゲートはいつも閉まってますが、横の門から日中入れます。
ワット・ヤイの近く。

IMG_0998.jpg
スコータイのラックムアン。
こちらはスコータイ歴史公園の中にあります。
祠のない屋外のラックムアンですね。

IMG_5964.jpg

IMG_5966.jpg
ウドンタニーのラックムアン。
プラケースで保護されています。

IMG_1058.jpg
さらにそのラックムアンを護るヤック(鬼)がいるのも特徴的。

IMG_1482.jpg
スリンのラックムアンはとても立派なクメール式仏塔を模した祠のなかにあります。
塔にはヒンドゥー教の神々の姿が見受けられます。

IMG_1487.jpg
中央に2本のラックムアンが祀られています。


そして、バンコクのサーン・ラックムアン!
場所は、ワット・プラケオの向かいであります。

IMG_0582.jpg
ガイドブックでも有名な白いエーラーワン象の像とワット・プラケオを写したこの構図。
これを振り返るとサーン・ラックムアンがあります。

IMG_4373.jpg
こちらですね。
立派な祠です。

IMG_4374.jpg
早速入ってみましょう。
もちろん入場無料。
そして、ほとんど外国人観光客の姿は見かけません。

IMG_4375.jpg

IMG_4376.jpg
中には柱が2本立っていて、厳かな空気が流れております。

IMG_4368.jpg
その脇にも4本の小さな柱が立ち、みなさん熱心にお祈りしてますね。
カラフルな布を巻き付けております。
タイでは菩提樹などの聖なるものにカラフルな布を巻き付けます。
これは、感謝や畏敬をあらわします。

IMG_4367.jpg
その裏にも仏像が並んでおります。
どれもめちゃくちゃ金箔貼られてて原型がわかりません。

IMG_4366.jpg
プラ・サヤーム・テワーティラーッという仏様のようです。

IMG_4361.jpg
プラ・クラン・マハーソムバッ。

IMG_4364.jpg
看板には「どうぞ金箔貼ってね! 花と花輪はおかないでね」と書いてあります。
たまに花を挙げてはいけない仏像がありますが、こちらは管理が大変だからかな?

IMG_4363.jpg
そして、こちらにもプラ・ピカネート(ガネーシャ)がいらっしゃいますね。

バンコクという街が発展・繁栄するのもこのラックムアンという礎があればこそ!
そう思えばこちらはものすごいパワースポットであります!
お参りに来ると何かしらご利益があるかもしれませんよ〜〜!




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 21:49 | Comment(4) | タイ観光