2016年08月07日

巨大な僧の顔、ワット・バーンポー

週末ショートトリップ。

ツイッターでザビエル古太郎さんが紹介していたインパクト強い画像が決め手で出かけてきました!
バンコクのお隣の県・チャチュンサオにある奇寺であります。

同じコンドミニアムに住むタイ友の方と、その方の車で向かいました。
かなり辺鄙なところにあるので、車がないと行くのは大変かと思われます。

IMG_0187.jpg
ワット・バーンポー(วัดบ้านโพธิ์ wát bâan phoo wat ban pho)。

ワットが  で、バーンが 
ポーはワット・ポーのポーと同じですね、菩提樹
菩提樹の家の寺。
菩提樹あったかな?w
(追記:バーンポーはこの地方の地名でしたw)

ワットバーンポー.jpg
地図ではこちらです。

IMG_0180.jpg
何もない田舎道を走って行って、古い門をくぐり田舎道に少し入るとある小さなお寺です。

IMG_0181.jpg
あれだ!

IMG_4223.jpg
こちら!
巨大な僧侶の頭の像ですね!
4年の月日をかけて造られたようです。

IMG_4224.jpg

IMG_0186.jpg

IMG_4225.jpg
なかなかのインパクトであります!
お偉いお坊さんなのでしょう。

(追記:こちらの顔のお坊様は、ルアンプートゥアット(หลวงปู่ทวด lǔaŋ pùu thûat)という方で、タイでは知らない人がいない超有名なお坊さんだそうです。
300px-Great_statue_of_Luang_Pu_Thuat,_Wat_Huai_Mongkol,_Prachuap_Khiri_Khan.jpg
今から400年ほど前に、100歳まで仏の道を極めた方だそうで、タイのいろんなお寺で仏像になっております。
(写真はタイのウィキペディアから))


IMG_0184.jpg
毛は針金のようなものが一本一本植え付けられております。

IMG_0188.jpg
裏側から見るとちょっと荒々しい造り。

IMG_0183.jpg
中を見ることができます。

さすがに気持ち悪い、と評判がよくないらしいですね。
それでも、僕らがいる間も結構参拝客が次々といらしていました。

僕もお布施をしてお参りいたします。

うろうろしていますと、この日はすごく暑かったのですが、お寺の方が水をくださいました。
やさしいですね。

IMG_0189.jpg
奥には本堂もありましたが、扉は締まっていました。
ほかには何もない小さなお寺であります。

計画では体も造るということですが、ここから造るには結構無理があるし、もし着工してもできるのはいつになることやら。
このままのほうがインパクトもあっていい気がします。

チャチュンサオには有名なピンクのガネーシャのあるワット・サマーンなどもありますが、足を延ばしてここまで来てみるのもいいかも?
すぐ近くに「世界で一番大きなプラ・ラーフーの像」のあるお寺もありますので、セットで訪ねてみてください!
該当記事・「世界一デカい凶兆の神様」




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 22:04 | Comment(6) | タイのお寺