2016年08月19日

世界一デカい凶兆の神様

先日、バンコクの東にあるお隣の県、チャチュンサオに行ったとき寄ったお寺を紹介いたします。

ワット・サナームジャン(วัด สนามจันทร์ wát sanǎam can (t)).ワットはお寺、サナームは広場、ジャンは月で、月の広場の寺、という意味ですかね。
でかい顔のお坊さんの像がある、ワット・バーンポーのすぐ近く。

こちらは、ツイッターで教えていただきました。

ほんとかウソか、世界で一番大きなプラ・ラーフーを祀ったお寺だそうです。
プラ・ラーフーは日本ではラーフ神と呼ばれている、凶兆の神様であります。
詳しくは、以前エントリーしたプラ・ラーフーの記事をご覧ください。
「ラーフ神(プラ・ラーフー)を探せ!」

僕の大好きな神様のおひとりであります。

IMG_0165.jpg
表の通りからも金色のプラ・ラーフーが見えるのでインパクトは抜群であります!
ネットで見かけた以前撮られたと思われる写真では、肌が黒色のベーシックカラーだったので、最近全身金ぴかに塗り替えられた模様です。

IMG_0143.jpg
後ろから見たプラ・ラーフー像。
階段があったので上に登れるかと思いましたら、封鎖されててダメでした。
残念w

まずは周りを見て回りましょう。

IMG_0177.jpg
こちらはお寺の門。
かつての国王が描かれてます。

IMG_0144.jpg
なぜかスパンコールな像が立っております。
僕はこの馬のやつしか見なかったですが、ネットを見ると象や鹿、牛の像もある模様です。
どこにあったんだろう??

ぶらぶらと境内を歩いていたんですが、お寺の奥のほうになにかしら怪しいオーラを感じたので行ってみました。
普通に観てると気が付かない感じの奥まったところです。

なにやら講堂のような建物があるぞ?
覗いてみると、礼拝堂(ウィハーン)のようですね。(本堂かも・・・)

IMG_0148.jpg
濡れ髪の女神、プラ・メートラニーさんの像がお出迎え。
中に入ってみると・・・

IMG_0150.jpg
うわっ!なんだ、この大仏は!?
遠近感がわかりづらいですけど、相当でかい像が立っております!

IMG_0149.jpg
振り返ると千手観音?
これも相当でかいです!

そして周りを数々の仏像が囲みます。

IMG_0151.jpg
三面神。プラ・トリムーラティかな?

IMG_0152.jpg
たぶん・・・ナーン・クワックさん。

IMG_0153.jpg
むむ…これは何の神様でしょう?
チクビ透けてるし・・・

IMG_0154.jpg

IMG_0155.jpg
金色の仏像。

IMG_0156.jpg
別室には宗教画が壁に飾ってあります。

IMG_0157.jpg
謎の仏像。
これもかなり巨大で、写真に納まりきりません。

IMG_0158.jpg
うわっ!蝋人形ですね。
なぜ蝋人形になると急にクオリティが上がるんでしょう。
相当リアルにできていますよ。

IMG_0159.jpg
なぜかリンガがその横に。

IMG_0160.jpg
こちらのおへそに穴がある太った大仏は、プラ・サンガッジャーイというお名前の釈迦のお弟子さんです。
とてもよく見かけますね。
もともとは肌がきれいなイケメンなんですが、その姿だと人々をかどわかしてしまうので、わざと不細工に姿を変えているそうです。
詳しくは、こちらの記事で!

IMG_4217.jpg
さて、問題はこちらの大仏ですね・・・
地球に足をかけて元気よく手を挙げているこの神様、いったい何者でしょう?
後ろの横断幕には、「僕たちがあなたを助けるよ!」と書いてありますw

IMG_4219.jpg
プラ・ポーティサッと書かれていますが、調べると菩薩さまのことみたいですね。
え? そうなの?

う〜む、謎の残る礼拝堂でした。


IMG_4220.jpg
プラ・ラーフーの像のところに戻りまして、下にある建物の中も観てみましょう。

IMG_0166.jpg
入り口を飾る紋章のプラ・ラーフー。
これが本来のプラ・ラーフーのベーシックカラー。

IMG_0167.jpg
中もプラ・ラーフーでいっぱいですね。
後ろのパネルが気になる…まるで特撮みたい。
プラ・ナーラーイ・ソンスバンと言う、クルッ(ガルーダ)に乗るプラ・ウィサヌ(ビシャヌ神)。
この像どこにあるの? 超見たい!

IMG_4222.jpg
プラ・ラーフー様、目が光っております。

IMG_0168.jpg
後ろにプラ・ピカネート(ガネーシャ)と並んでプラ・ラーフー。

IMG_0169.jpg
抱えた月が募金箱なプラ・ラーフー。

IMG_0170.jpg
別サイドも同じ構図ですね。

IMG_0171.jpg
ご近所の方が参拝にきています。
うろうろしてると、いろいろ話しかけられました。

まだまだ周辺もたくさんの神様が祀られています。

IMG_0164.jpg
とても濃い顔をしてらっしゃいます。
緑がパンチのきいているプラ・シワ(シヴァ神)・・・かな?
プラ・イン(インドラ神)みたいです。
タイ語学校の先生はシヴァとインドラは同じ、と言ってましたが、ホント??

IMG_0172.jpg
クワンイム(観音様)ですね。
手前のマンコン(龍)のパンチが効いているw


IMG_0173.jpg
なかなかバリエーションもあっておなか一杯になるお寺でした。
チャチュンサオ、侮れないですね!

ワット・サナームジャン(Wat Sanam Chan)、変な寺好きなクラスタはぜひ行ってみてください!



ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:00 | Comment(2) | タイのお寺