2016年08月20日

Cielo ルーフトップバー@プラカノン

「安全」に厳しい日本では絶対に許されないものがタイには普通にあったりします。
建物の吹き抜けもそうですけど、ルーフトップバーもその一つ。

もちろん日本にもルーフトップバーはいくつかあります。
しかし柵が高かったり、なんと言いますか行ってみればわかるんですけど、とにかくタイのは「日本じゃありえねー!」と思わず叫ぶギリギリ感なのであります。
ざっくりですみません。

そしてなにより、日本に比べてかなりリーズナブルなのも魅力の一つ。
タイで一番有名な世界一高いところにあるルーフトップバー(63階)・シロッコなんかは、食事も飲み物も日本と変わらないお値段(ビール1杯400B(1200円)!)、むしろ日本より高かったりもしたりしますが、ここタイではお手頃価格で雰囲気もいいところがほかにもいっぱいあったりします。

その一つが、プラカノンにあるCielo(シエロ)というルーフトップバーであります。

プラカノンはバンコクでも郊外といってもいいエリア。
僕が住むオンヌットのイッコ手前の駅であります。
そんなところにおしゃれスポットがあったなんて!

というわけで、ご近所に住むお友達を誘って行ってまいりました!
場所は、BTSプラカノン駅降りてすぐ。
以前紹介したビアガーデンのある、W Districtの一画になります。

W District(W Market)に関しては、以前エントリーした記事も併せて読んでいただけると〜。
「アートなビアガーデン、W Market@プラカノン」

ルーフトップバー「Cielo」は、以前はZEPPELINという名前だったみたいですが改名したようです。

IMG_0356.jpg
こちらのそびえたつコンドミニアム・Le Luk(ル ラック)の46階になります。

IMG_0353.jpg
通りに立て看板が出ているので間違えないかと。
17時から深夜まで営業。

IMG_0357.jpg
ちょっぴりゴージャス感のある専用の入り口があります。
ドレスコードはありません。
いいですね〜、一度シロッコに短パンで行って追い返されたことがありますからねw
気取らない感じ、好き〜。

係員がいるので人数を言うと、専用エレベーターまで案内してくれます。
帰りもこのエレベーターで帰ります。
(住民用のゴージャスなエレベーターがあるのですが、非住民は使えないようです)

IMG_0389.jpg
最上階まで行きますと、まずバーカウンターエリアがあります。
一人の時はここのカウンターでもいいかも。

IMG_0363.jpg
そして、屋外エリア。

IMG_0367.jpg

IMG_0378.jpg
僕らは平日の20時ごろに行きましたが、余裕で席が選べました。

IMG_0399.jpg

IMG_4272.jpg
窓際・・というか、景色が良く見える縁の席へ。

IMG_0369.jpg
眼下にバンコクの夜景が広がります。
周りより圧倒的に高い建物なので、見渡せますな。

すごいですね〜、柵が僕のへそぐらいまでしかないですよ。
下を覗くと、さすがにでっぱりは一応ありますw

IMG_4268.jpg
左下から奥に伸びるのがスクンビット通りで、BTSが走ってるのが見えます。
アソーク方面ですね、一番向こうにバイヨークスカイもかろうじて見えます。

IMG_4267.jpg
中央から奥がラマ4世通りですね。
ずーーーっと渋滞してるのがよくわかりますw
奥の明るいのはクロントゥーイ桟橋、その先の暗いとこはチャオプラヤー川ですね。

IMG_4271.jpg
オンヌット方面はコンドミニアムが乱立してるのがよくわかります。
僕のすんでるコンドーはどこかな〜??
左右に走ってるのは高速道路。

僕はもちろんビールを注文。
シンハビール(ビアシン)は200B(600円)。
ちょっと前まで160Bだったらしいですが、値上がりしたようです。

コーラなどのソフトドリンクは120B(360円)。
これにサービス料10%、さらに7%プラスになります(ビールだとだいたい235B)。
カクテルは少しお高く、250B〜になりますね。
メニューの写真撮り損ねてすみません。

IMG_0381.jpg
瓶ビール小瓶をこんな細長いグラスに入れてくれます。
転倒注意。

IMG_4278.jpg
冷房の効いた室内テーブルもあります。
というか、めちゃくちゃゴージャスなんですけど、ここはお食事のお客さん専用でしょうね。

そして、忘れてはいけないのがここの目玉となる通路であります!

IMG_4276.jpg
この、何の変哲もない通路ですが・・・

IMG_4275.jpg
なんと床はガラス張りで、一番下までスケスケなのでありますw
もう、相当怖いですよ!
めちゃくちゃビビるのであります!

無理〜と思いましたが、最後は頑張って歩きましたけどね。
下を見て歩くとかなり勇気がいりますよ〜。

しかし、こんなところにもし気になってる女子と来たら盛り上がること間違いなし!
それにドキドキを恋と勘違いする・・・そう、吊り橋効果も確実に狙えるかと!

そんな恋の演出の場として利用してみるのもよろしいかと。
もちろん友人同士できても楽しいと思いますけどね!


IMG_4269.jpg
まさかプラカノンにこんなおしゃれスポットがあるとは思いませんでした。
W Marketかうま食堂で飯を食べた後にでも、また寄ってみたいと思いますです〜。




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:00 | Comment(4) | タイ観光