2017年03月26日

不思議な5体大仏 ワット・プラタート・パーソーンケーオ

行っておきたいタイのお寺シリーズ。
今回紹介するのは、タイ北部・ペチャブーン県にある5体の仏陀像で有名なワット・プラタート・パーソーンケーオ(วัดพระธาตุผาซ่อนแก้ว Wat Pha Sorn Keaw)であります。
地元の人は、パーソーンケーオ(ผาซ่อนแก้ว)と呼んでるみたいですね。

IMG_4947.jpg
大仏のマトリョーシカ、もしくはEXILE仏陀と評判(うそw)。
近頃タイ人の間でもめちゃくちゃ人気で、観光客でごった返しています。
僕は2016年11月に行ってまいりました。

IMG_4948.jpg
パーソーンケーオとは、パーが崖、ソーンは隠れる、ケーオがグラスという意味であります。
グラスが隠れる崖という意味。
なんのこっちゃ?と思うでしょ。こんなエピソードです。

ある日、ガラスの球体が空を飛んできたのを村人たちが目撃。
この山のてっぺんにある洞窟に消えて行ったんだそうです。
それを見た地元の人たちは、「これは神聖な!吉兆じゃ!」と大騒ぎ。
「グラスが隠れた仏の場所(プッタタンマサターン・パーソーンケーオ)」と呼んでこの地に仏塔を建てたのだそうです。
それが2003年のこと。
2009年に正式にお寺として認められ、2016年に今のワット・プラタート・パーソーンケーオという名になったのだそうです。
(参考サイト「วัดพระธาตุผาซ่อนแก้ว เกี่ยวกับวัด」)

え?このガラスの球体ってもしかしたらUFO・・・?
なんというムー的エピソード!
ん〜、燃える!!





お寺といいつつ本堂は見当たりません。
仏塔と5体の大仏で構成されています。

IMG_0502.jpg
仏塔のすぐわきに大きな駐車場があってそこからすぐ行けたりしますけど、お勧めは麓にある入り口からの入場。
階段を登って仏塔を目指しましょう!(そんなに段はありません)

IMG_0511.jpg
こちらで靴を脱いで階段を登ります。

IMG_0518.jpg

IMG_0524.jpg
階段を登って来る人はあまりいませんね。

IMG_0527.jpg
ガラスの球体が山のてっぺんにある図ですね。
タイ語の看板は、「寺のもの持って帰ると罰が当たるぞ」とか「静かに」みたいな注意書きです。

IMG_0533.jpg
かなりエキゾチックな造り。

IMG_0532.jpg
陶器を砕いて壁に貼り付けてモザイク画を描いています。

IMG_0540.jpg
仏塔内部、1階に入ってみましょう。

IMG_0542.jpg
各入り口にはヤックがいて、護っています。

IMG_0544.jpg
ここでは5体仏陀像のミニチュア版が祀られていて、みなさんタンブンをされています。

IMG_0558.jpg
仏塔周囲にも金ぴかな仏陀像がたくさん祀られています。

IMG_4942.jpg

IMG_0553.jpg

IMG_0557.jpg
これがまたクオリティ高くてかなりの見応え!

IMG_0584.jpg
この塔は脇から上に登れます。

IMG_0588.jpg
陶器が埋め込まれた壁。
ベンジャロン焼きを惜しげもなく使っております。

IMG_0602.jpg
登ってみましょう。

IMG_0593.jpg
見晴らしがとてもいいのです。

IMG_0606.jpg
ここから5体仏陀像も全体をきれいに見ることができます。

IMG_0596.jpg
カオコーの山々が見えますね。
カオコーは風光明媚な高原地帯として人気です。
わかりづらいですが、奥の山の尾根には巨大風車が並んでいます。
手前が巨大駐車場。

5体仏陀像を近くで観てみましょう。

IMG_0564.jpg
こちらも、手前広間は土足厳禁であります。
係員が監視していて、土足で入ると笛を鳴らされます。

IMG_0579.jpg
法輪ですね。
仏の教えを表しています。

IMG_0571.jpg

IMG_0577.jpg
まだ建築中で、上には登れないようです。
土台部分も中に入れるようですが、ガラーンとして何も入っていませんでした。
まだまだ完成まで時間がかかりそうです。

IMG_0578.jpg
広間も床はモザイク画が描かれています。

IMG_0572.jpg

IMG_0574.jpg
自然が綺麗です。
UFOも飛んでいそうな雰囲気。

IMG_0575.jpg
横にあるこちらの建物もまだ建築中。
独特なデザイン。

IMG_0570.jpg
不思議な世界観のお寺です。
行ってみたくなったでしょう?

行き方は、ペチャブーン県の市内から行くのが近いんですけど、公共交通機関で直接行く手段はなさそうです。
レンタカーかタクシーチャーターか、ピッサヌローク行きのロットゥーに乗って途中で降ろしてもらい、そこから歩いて行くか、ですかね。
(大通りからは2.5キロほど)

IMG_0581.jpg
実は、仏塔の前をソンテウ(乗り合いトラック)が走っていたんですよ。
どこから乗り降りすればいいのかは謎です。
僕はピッサヌローク市内からタクシーをチャーターいたしました。

近くのカオコーの高原とセットで観光するのもいいかと思います。
ぜひこの不思議な大仏を実際に観てきてくださいです!



地図。




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 19:23 | Comment(2) | タイのお寺