2017年06月06日

バンセンに行こう! ワット・セーンスック 4 地獄編

バンセンの地獄寺、ワット・セーンスック。
地獄パートに行ってみましょう! 
地獄寺の地獄は仏教の経典をもとにし、それに沿って造られております。
残酷な描写がありますので、閲覧は自己責任でお願いします。





IMG_2079.jpg
入り口にはこんな看板が。
「入ってお進みください。
地獄の世界
ようこそ・・・」

と書かれています。

IMG_2121.jpg
いきなりプレートきたーーっ!
巨大な男女対のベロだしひょろながの亡者はプレートと言います。
ここはちゃんとパンツをはいていますねw
基本履いていない地獄寺が多いです。

この地獄、結構像の表情や色がいいんですよ。
特に色はかなりいいセンスしているので注目です。

IMG_2122.jpg

IMG_7033.jpg
左のプレートはアンガ田中に似ている・・・
地獄の釜に人を投げ入れるポーズが怖い!

IMG_2123.jpg
チキンジョージ風。
プレート・ガイ。鶏のプレート。
下にある看板には解説が書かれています。
エロいことばかりすると地獄でチキンジョージにされるようです。

IMG_2124.jpg
豚人間。プレート・ムー。
汚職をするとなるそうです。
今のタイの政治家や官職の方たちは大丈夫?

IMG_2125.jpg
地獄の裁判所。
どの地獄に落とされるのかな?

IMG_2127.jpg
カエルプレートやヘビプレート、エビプレートなどいろいろいます。

IMG_2128.jpg
ああっ! その姿のまま串刺しに!

IMG_2129.jpg
カエル人間の断末魔の顔。

IMG_2130.jpg

IMG_2131.jpg
こちらも処刑されまくっております。

IMG_2133.jpg
チャクラをくらえ!

IMG_2134.jpg
地獄寺ではお馴染みの腹顔人間。

IMG_2135.jpg
なかなかアクロバティックな処刑方法。

IMG_2136.jpg
地獄の木ですね。
これも地獄寺では定番。

IMG_7039.jpg
棘の木に登らされ、上に行けば鳥、下では犬に襲われるという無限地獄!

IMG_2137.jpg
小物も凝っています。

IMG_2138.jpg
痛い痛い!

IMG_2139.jpg

IMG_2140.jpg
痛いよー。

IMG_2132.jpg
浮気をする女はこうしてやる!

IMG_2141.jpg
浮気する男はこうしてやる!

IMG_2142.jpg
目・・・は何で攻撃されてるの? 視姦?
エロ動画ばかり観てるとこうだ!

IMG_2143.jpg
とにかく、串刺しだ!

IMG_2144.jpg
いちおう教訓のような看板がそれぞれの像の横にあります。
この世に困難があるから人は努力する、みたいな意味。

IMG_2145.jpg
背中刺しじゃ!

IMG_2146.jpg
教訓は、我慢すりゃー自分に勝つことができる、みたいなことが書いてある、と推測。

IMG_2148.jpg
オラオラ、締めあげちゃうよー。

IMG_2147.jpg
こちらは酔っぱらいの地獄。

IMG_2152.jpg

IMG_2149.jpg
いい具合に酔っぱらっています。

IMG_2150.jpg
うそつきはこうだ!

IMG_2151.jpg
男をかどわかすおっぱいもこうだ!

IMG_2153.jpg
あれ?急に平和な一角がありますね。

IMG_2154.jpg

IMG_2155.jpg
地獄の亡者が仏に救いを求めております。
もうエロイことはしません〜。

IMG_2156.jpg
盗みをするような手はこうだ!

IMG_2157.jpg
首を切断だ!

IMG_7036.jpg
煮え湯を飲め!

IMG_2160.jpg

IMG_7035.jpg
先頭の人が差し出してる玉はなんでしょうね?

IMG_2161.jpg
たす、たすけてっ!

IMG_2162.jpg
今更後悔しても遅いぞ!

IMG_2163.jpg 
なぜならお前は現世で悪いことをしたんだからなぁ!

IMG_7037.jpg
ガガーーーン

IMG_2164.jpg

IMG_2165.jpg

IMG_7038.jpg
なかなかの力作地獄でした!


というわけで、以上です!
ワット・セーンスックにあるコンクリ像はほぼすべて紹介で来たんじゃないかと思います。
見落としや小さくしか映ってないものもあると思いますので、もしさらに完璧に見たい方はぜひ現地まで行ってみてください。

また、コンクリ像はタイの熱い日差しや風雨ですぐ色が剥げてしまうので頻繁に色が塗り替えられたりします。
色が変わるとまた印象も変わるので、また日をおいていってみると違った趣があるかもしれません。
像も増えているかもしれませんしねw


というわけで、この寺を後にし次の目的地に向かいたいのですが・・・
歩いてはいけない距離なのでバイタクを利用したいのです。
この日は日曜日、もしかしたら近くに客待ちのバイタクがいるかもしれない、と駐車場に行ってみます。
もしいなかったら、さっき来るときに乗ったバイタク運ちゃんに聞いておいた番号に電話して呼び出せばいいですからね。

そしたら、いたいた!
早速次の目的地の場所を運ちゃんに告げ、友人と一台のバイクで3ケツしてそちらに向かいます。


続く。




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 14:39 | Comment(6) | タイのお寺