2018年04月16日

ソンクラン2018


タイのお正月、水かけ祭りとして世界的に有名なお祭り、ソンクランが、バンコクでは2018年4月13日から15日まで行われました。
どんな雰囲気だったか、ちょっとだけ写真でリポートします。

IMG_3282.jpg
シーロム会場。
入口ゲートでは簡単なチェックがあります。
BTSの降り口でもたくさんの警官がチェックしていました。

DSCN0901.jpg
おっさんであればwこちらが水鉄砲を持っていない限り基本攻撃されることはまずないです。
女性は問答無用ですけどねw
水鉄砲はあちこちで売っていて、150〜600Bくらい。

DSCN0908.jpg

DSCN0911.jpg

DSCN0954.jpg

IMG_0539.jpg

IMG_0547.jpg
僕は2015年に初めてシーロムでソンクランを体験したのですが、その時は身動きできないくらいの人だったので、やはりスカスカ感は否めません。
今年は例年以上に規制が厳しく、特にシーロム通りは警備体制が厳重になったので、ほかに流れている印象です。

IMG_0569.jpg

IMG_0577.jpg
一部マニアには有名なバーガーキング前も寂しいものです。
こちらはガチムチマッチョなゲイのお兄さん方が集って、異様な盛り上がり方をすることで有名なスポット。





IMG_0561.jpg
ルンピニー公園では、「伝統に基づいたソンクランで、どの世代にも幸せを」、というイベントをやっていました。
これは、「ブッペー・サンニワート」という超大人気ドラマの影響で、古式ゆかしいタイが見直されている影響です。
アユタヤ王朝時代にタイムスリップする女子大生の話だそうで、社会現象になるくらいのヒットになりました。
それを受けて、ソンクランも当時の服装で楽しみましょう、という流れのようです。

IMG_3271.jpg
本来は、タイのくそ暑い暑季に、年配者や仏像・仏塔に水をかけて少しでも涼んでいただこうという趣旨の行事であります。
いつ今のような狂ったお調子者のためのお祭りになったのかは不明。

DSCN0921.jpg
ヒンドゥーの神様にも水をかけるコーナーが。

IMG_0563.jpg

IMG_0562.jpg
伝統衣装での撮影コーナー。

IMG_3276.jpg
お子様の水かけも微笑ましい。

大規模なバンコクでの水かけ会場は、シーロム通り、カオサン、サイアムスクエア、セントラルワールド前、RCAなど。
白人の多い通りなどでは局地的に盛り上がっているようです。

IMG_0609.jpg

DSCN1053.jpg
スクンビット・ソイ4のナナプラザ近辺。
ソイの入り口から狂ったように水の掛け合いをしていて、怖くて入れませんでしたw

IMG_3345.jpg
スクンビット・ソイ8も恐ろしい勢いで水かけしていました。

DSCN1027.jpg

DSCN1028.jpg

DSCN1030.jpg

DSCN1031.jpg

DSCN1034.jpg
ソイカウボーイも、入ったとたん問答無用でパンツまでびしょ濡れになります。

他にも、スクンビット通りではソイ3・11・22なんかが狂っている感じ。

IMG_0533.jpg
スクンビット通りではゲリラ部隊がいて、走って来るバスやトゥクトゥクに水を浴びせてきます。
大音響で音楽を鳴らしているので、それが目印。
通行人にも容赦はないですね。

DSCN1046.jpg
冷房車に乗らないと、なかなかの惨劇。

IMG_3337.jpg
ピックアップトラックに乗って要所要所で戦闘を仕掛けるお調子者も多数。

DSCN1048.jpg
郊外に行けば道端の水かけ部隊、ピックアップトラックでの水かけ特攻隊などがどんどん増えます。
うちの近所のオンヌット通りも多数のゲリラ部隊がいて、通りかかるソンテウに水をぶっかけてきます。

DSCN1049.jpg

DSCN1051.jpg

DSCN1052.jpg
この辺りはお子様が多くて微笑ましいです。

IMG_3351.jpg
たまに困った大人がいるのがご愛敬。

ソンクランの時期になるとバンコクは、帰省する人やソンクランを嫌がる人が出ていくので人が少なくなります。
その分ソンクランを楽しみにしているタイ人や、ソンクラン目当てにタイに来る外国人も加わり、かなり異様なムードになります。
これはとても好き嫌いが分かれると思いますけど、ソンクランも参戦してみると楽しいイベントだと思いますので、まだ未経験の方は参加してみるのもいいかもしれません。
そのかわり、4月〜5月のタイは半端なく暑くて死にそうですけどね〜。





ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 13:36 | Comment(8) | タイ観光