2016年07月19日

アーサーラハ・ブーチャーという宗教の日にー

本日、2016年(仏歴2559年)7月19日は三宝節であります。
タイ語ではワン・アーサーラハ・ブーチャー(อาสาฬหบูชา)というのですが、タイ文字通りに読むとアーサーンハブーチャー、な感じ?
実際タイ人の皆さんも アーサーンハブーチャー みたいに発音してると思うのですが、どうでしょう?
(追記:どちらの発音でもオーケーだそうです)

そんな三宝節はなにかといいますと、満月の夜に釈迦が悟りを開いて弟子を持ち「仏・法・僧」の3つの宝を得た日だそうです。

そして翌日はカオ・パンサー(เข้าพรรษา khâu phan sǎa)。
「カオ」が「入る」で「パンサー」が「僧の修業期間」という意味で、入安居(いりあんご)と日本語では言うそうです。
この日から3か月後のオークパンサー(「オーク」は出る。出安居(であんご))までは、僧の皆さんは寺にこもる修業期間とのこと。

この日は仏教の大きな日でありまして、国民の9割が仏教徒なタイでは大きなイベントデーとなります。

うちの近所のワット・マハーブットでも朝から人がごった返しておりますです。
早速のぞいてみましょう。

IMG_0721.jpg
タクシーがガンガン乗り付ける寺院内。

IMG_0722.jpg
でっかいロウソクとかも売っていますね。
この時期はデパートや市場とかでも、でかいロウソク、花、捧げものセットが売っております。
ロウソクは、お坊さんが寺にこもるので、暗いからロウソクを捧げる、という理屈ですね。

IMG_0698.jpg
市場でも、お花のセットがずらりと並んでおります。

この時期にウボンラチャタニーで開かれているロウソク祭りは、この流れで行われています。

IMG_0723.jpg

IMG_0725.jpg
老若男女、たくさんの人がお参りに訪れています。

IMG_0726.jpg
こちらは曜日の神様へのお祈りですね。

IMG_0754.jpg
こちらで、係の人に自分の誕生曜日を言って曜日の色の花と小銭(賽銭用)をいただきます。
お布施はどこも20B(60円)が基本。

IMG_0755.jpg
僕もやってみました。
僕の誕生曜日は月曜なので、月曜の色でもある黄色の蝋の花をいただきます。
花の中心のロウソクに火もつけてくれるので、それをこちらにお祈りしつつ流します。

そして小銭をジャラジャラ各曜日の神様の前の椀に入れていきます。


IMG_0728.jpg
こちらでは、自分の干支の円盤ロウソクを20Bのお布施でゲット。

IMG_0732.jpg
願い事を円盤ロウソクに串で彫り込みます。

IMG_0731.jpg
それをこちらで溶かし込んで、でかいロウソクを作ります。


IMG_0733.jpg
こちらは屋根瓦ですね。

IMG_0734.jpg
よく寺に行くと、「屋根瓦のタンブンに参加してね」みたいな張り紙があります。
それがほんとに屋根に飾る瓦のお布施なのか、なにかの隠喩なのかは謎です。

IMG_0736.jpg
どの堂も人でいっぱいですね〜。
お坊さんに説教をしてもらい、聖水をかけてもらう堂も人でごった返しています。


IMG_0757.jpg
こちらは、お布施のお札を長くつなげていますね〜。
お布施したい人は、ホチキスが常備されてるのでどんどんつなげていきます。

IMG_0737.jpg
捧げものセット(サンカターン)もたくさん奉納されています。
これも寺の周りをはじめ、デパートでもたくさん売られています。


IMG_0739.jpg
礼拝堂ではお坊さんが読経をしています。

IMG_0740.jpg
熱心に聞き入る皆さん。


IMG_0742.jpg
こちらはタクバーッ
僧に信者が食事を提供することですね。
日本語の托鉢と語感が似ているのは、どちらも語源が一緒なんでしょうな。

IMG_0741.jpg

IMG_0743.jpg
大変豪華であります。


IMG_0746.jpg
ワット・マハーブットといえばプローイ・プラー(魚を逃がす)というタンブン(善行を行い徳を積むこと)が盛んです。

IMG_0747.jpg
この日もたくさんの人たちがプローイ・プラーしています。
(タイ人は早口なので、「ポイ・パー」って聞こえます)

IMG_0750.jpg
たくさんの屋台が出店しており、お祭りの縁日のようです。


これらの儀式は基本午前中のみで、夜はウィアン・ティアン(เวียน wiian เทียน thiian)の儀式が行われます。
ウィアンは「回る」、ティアンは「ロウソク」。

IMG_6231.jpg
これは、ロウソク・線香・蓮の花・金箔(ない場合も)のセットを20Bのお布施でゲットし、お寺の本堂の周りを3周してロウソクを捧げるお参りです。

IMG_6233.jpg

IMG_6235.jpg
これはコラートに行ったときに参加したウィアンティアン。
たいていの大きい寺で、年に3回ある宗教の日に行われる儀式です。
ロウソクの明かりが神秘的で、とても厳粛な気分になりますね。

旅行者的には、宗教の日は禁酒日(酒類販売禁止日)なのでお店もやってなくて不便ではあります。
ですが、ちょっと気分を変えてこれらの儀式に参加してみるのもいいんじゃないでしょうか〜?





ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 16:26 | Comment(8) | タイ情報
この記事へのコメント
一応、仏教徒ではありますが、訪タイ直前に禁酒日があって良かったです
Posted by piro at 2016年07月19日 20:59
この時だったか忘れてしまいましたけど、お寺でお参りして市場を回って、パートナー(当時)に金行に連れていかれて金のネックレスを買わされそうになりましたw ビックリでした(@ ̄□ ̄@;)!!

金行でネックレスは決してタンブンではない!と思います(^_^;) もちろん買いませんでしたけど、あの自然な流れるようなアプローチは何だったんだろう(^_^;)

Posted by Edge80 at 2016年07月19日 21:23
夜も良いですね〜。知りませんでした。
一度は経験してみたいです。
お参りに行く時はタンブン用に20バーツを結構、用意して行きますがエラワンは25btに値上がりしたんですかね?
一度、売店のおっちゃんに足りないと言われました。(^^;;
Posted by とし、 at 2016年07月19日 21:58
なるほどー19日の禁酒日はこの理由からですね!ワットマハーブットはもう私も見慣れた景色です。木曜日に賽銭入れてドクロに手を合わせてメーナークさんにご挨拶!
説教を聞いて托鉢してタンブンする。僧の修行の応援する儀式なのかな!日本と比べて仏教との関わりの高さを感じますね。
Posted by 大阪のヤス at 2016年07月20日 11:32
piroさん

>一応、仏教徒ではありますが、訪タイ直前に禁酒日があって良かったです

遊びに来ている人には残酷な日ですよね〜w
Posted by たーれっく at 2016年07月22日 11:55
Edge80さん

>この時だったか忘れてしまいましたけど、お寺でお参りして市場を回って、パートナー(当時)に金行に連れていかれて金のネックレスを買わされそうになりましたw ビックリでした(@ ̄□ ̄@;)!!

タンブンですよ、タンブン!w
買ってあげないと〜w

>金行でネックレスは決してタンブンではない!と思います(^_^;) もちろん買いませんでしたけど、あの自然な流れるようなアプローチは何だったんだろう(^_^;)

向こうも手練れですね!
Edge80さんをよっぽどお金持ちだと思ったんでしょうねw
Posted by たーれっく at 2016年07月22日 11:57
とし、さん

>夜も良いですね〜。知りませんでした。
一度は経験してみたいです。

ぜひ近所の大きなお寺をのぞいてみることをお勧めします。
次はずいぶん先ですけどw

>お参りに行く時はタンブン用に20バーツを結構、用意して行きますがエラワンは25btに値上がりしたんですかね?
一度、売店のおっちゃんに足りないと言われました。(^^;;

まじですか?
というか、実はいまだエラワン廟にお参りにいたことがないんですよねw
25Bって半端ですね〜。
Posted by たーれっく at 2016年07月22日 11:59
大阪のヤスさん

>なるほどー19日の禁酒日はこの理由からですね!ワットマハーブットはもう私も見慣れた景色です。木曜日に賽銭入れてドクロに手を合わせてメーナークさんにご挨拶!

あのどくろ、何の意味があるんですかね〜w
今回写真乗せようか迷いましたが、混乱する人がいるかもしれないので止めておきましたw

>説教を聞いて托鉢してタンブンする。僧の修行の応援する儀式なのかな!日本と比べて仏教との関わりの高さを感じますね。

たくさんの人がお参りに来てるのを見ると、ほんとに心のよりどころなんだなぁ〜って思いますね。
皆さん楽しそうで、こちらも幸せな気分になります。
Posted by たーれっく at 2016年07月22日 12:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: