2016年10月23日

ラーマ5世の騎馬像

タイで10月23日は、ラーマ5世ことチュラロンコーン大王の命日にあたります(วันปิยมหาราช Chulalongkorn Day)。
この日はタイでは休日になります。

ラーマ5世はタイの歴代王様の中でも特に人気があります。
1868年に15歳で即位した王は、タイで初めて鉄道や主要道路網を引いたり、電信電話の通信網を開通させたり、教育や政治の基礎を整えたりと、タイ近代化の礎を気付いた父だからです。
とりわけ、30年の月日を費やし奴隷制の廃止を成し遂げた功績が称えられています。
おお! きっとアルスラーン戦記のアルスラーン王はラーマ5世がモデルかも?

加えて、5人の王妃を持ち160人の側室がいたとのことですよ!
まさに英雄、色を好むを地で行くような人生!
その点も含め尊敬の念を否めません。

結構いろんなところでラーマ5世の像を見かけるんですよね。
人気の度合いがわかります。

IMG_0198.jpg
その中でも一番立派なのが、ドゥシット動物園の横、アナンタサマーコム宮殿前の広場にある騎馬像でしょう!
現在の1000B札の裏にも描かれています。

この像はラーマ5世が自身の即位40周年を記念してパリで造らせたものだそうです。
この像には普段からたくさんの人が参拝に来ています。

IMG_4798.jpg
この後ろに見えるアナンタサマーコム宮殿もラーマ5世の命で造られた大宮殿ですが、まだ僕も行ったことがないので、近日中に行ってみたいと思います。

ラーマ5世騎馬像は、命日にたくさんの花輪やお供え物が集まる、と言うので、行ってみました。

IMG_0451.jpg
馬に赤い花輪がかけられています。
ラーマ5世には赤い花を供えるのがスタンダードとされています。

IMG_0453.jpg
像の後ろ側にはたくさんの花輪が飾られています。

IMG_0454.jpg

IMG_0455.jpg

IMG_0456.jpg
いろんなところから送られてくるんでしょうな。

IMG_0457.jpg

IMG_0458.jpg

IMG_0459.jpg

IMG_0460.jpg

IMG_0461.jpg

IMG_0462.jpg
しかし、亡くなられて100年以上たつのにこの人気!
すごいですな!

でも、柵に囲まれて正面に行けないのです。
警備してる軍人さんに聞いたら、午前中は中に入れたけど、午後からはダメなんだよ、といわれました。
僕は13時ごろ行ったんですけど、ちょっと遅かったですな。


改めて人気のほどを知るラーマ5世!
タイは偉大な王たちの上に成り立っているんだなぁ、と思い知らされますですね!

タグ:観光



ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 22:33 | Comment(8) | タイ観光
この記事へのコメント
英雄色を好むですか!5人の王妃を持ち160人の側室ってすごいですね。戦国時代の武将や徳川の大奥みたいですねw。

タイの国王とのかかわりは日本の象徴天皇とはちがって政治や経済にかかわりが多くてそれで国民の尊敬を得てるんですね。

次の国王はたいへんそうですね!

Posted by 大阪のヤス at 2016年10月24日 10:27
ラマ5世と明治天皇っていろいろかぶりますね。
生まれた時代も近いし状況も似ていたようで。

ラマ5通りは短い?けどやはりバンコクの貴賓ある場所を走っていますね。
明治通りは商業地を結んでいますが。

元旦に明治神宮が日本人で溢れかえっているのは明治天皇人気なのか初詣で人ごみに繰り出したいだけなのか分かりませんが日本の風物詩の最たる物でしょうか。

人混み嫌いな小猿さんなら絶対行かないでしょうね。
Posted by CT110 at 2016年10月24日 10:52
ラーマ5世の側室が多いのは王と親戚関係になりたい軍閥が
自分の娘を献上したからという事のようですね。その後はラーマ6世が多妻制をやめたのでそのような事は
亡くなりましたが・・

でも本当にラーマ5世はタイ人の間でも人気ですね
Posted by ま〜く at 2016年10月24日 17:48
イケメンだったんですなぁ(^o^) 時代によってイケメンの基準が違う気がしますけど(^_^;)

でもモテたんですなぁ。羨ましい♪でも、それだけじゃなく、善政されてたんでしょうね。じゃないとここまで人気は残らないですよね(^o^)

これからのタイ王国がどうなっていくかプミポン王と共にドキドキしながら見守ってくれてるんでしょう(* ̄∇ ̄*)
Posted by Edge80 at 2016年10月25日 19:50
大阪のヤスさん

>英雄色を好むですか!5人の王妃を持ち160人の側室ってすごいですね。戦国時代の武将や徳川の大奥みたいですねw。

ほんとに豪快な感じがしますね。
そこもまた魅力なんでしょうな。

>タイの国王とのかかわりは日本の象徴天皇とはちがって政治や経済にかかわりが多くてそれで国民の尊敬を得てるんですね。

国王は政治とかかわりが深い、というと、プ様はお怒りになるらしいですよw
新しい国王はあまり絡んでほしくないですけど〜〜w

次の国王はたいへんそうですね!

ぼーっとしててほしいですねw
Posted by たーれっく at 2016年10月28日 23:37
CT110さん

>ラマ5世と明治天皇っていろいろかぶりますね。
生まれた時代も近いし状況も似ていたようで。

そうですよね。
そんな点もすごく親近感がわきますね。

>ラマ5通りは短い?けどやはりバンコクの貴賓ある場所を走っていますね。
明治通りは商業地を結んでいますが。

ラマ5世通り、一度も通ったことないかも?w
あまり僕には縁のないエリアです。
明治通りはよく利用しましたけど。

>元旦に明治神宮が日本人で溢れかえっているのは明治天皇人気なのか初詣で人ごみに繰り出したいだけなのか分かりませんが日本の風物詩の最たる物でしょうか。

明治神宮、雰囲気いいですからね。
でも、初もうでで明治神宮に行ったことないですよw
いつも近所の神社で正月明けに行く感じでした。

>人混み嫌いな小猿さんなら絶対行かないでしょうね。

渋谷のスクランブル交差点に置き去りにしてきます!w
Posted by たーれっく at 2016年10月28日 23:43
ま〜くさん

>ラーマ5世の側室が多いのは王と親戚関係になりたい軍閥が
自分の娘を献上したからという事のようですね。その後はラーマ6世が多妻制をやめたのでそのような事は
亡くなりましたが・・

なるほど、すごく納得です!
それは、やめた方がいいですねw
ラーマ5世さん、大変だったでしょうなぁ。

>でも本当にラーマ5世はタイ人の間でも人気ですね

すごいですね!
ラーマ5世がらみのお寺もすごく多いので、やはり多岐にわたっていろいろやってた精力的な方だったんだと思います。
Posted by たーれっく at 2016年10月28日 23:46
Edge80さん

>イケメンだったんですなぁ(^o^) 時代によってイケメンの基準が違う気がしますけど(^_^;)

ひげが似合うイケメンですよw

>でもモテたんですなぁ。羨ましい♪でも、それだけじゃなく、善政されてたんでしょうね。じゃないとここまで人気は残らないですよね(^o^)

奴隷制の廃止は30年かかってますからね。
相当根強い反発があったんでしょうな。
想像できません。

>これからのタイ王国がどうなっていくかプミポン王と共にドキドキしながら見守ってくれてるんでしょう(* ̄∇ ̄*)

相当ハラハラしてるんじゃないかとw
Posted by たーれっく at 2016年10月28日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: