2016年11月06日

美しき聖堂 ワット・パリワート その3

タイ・バンコクの、専用レーンを走るバス・BRT。
BRTで巡るバンコクローカル、ぶらりお寺巡りの旅。
2か所目のワット・パリワート(วัดปริวาส)、その3でございます!
その1,2はこちら!
「絶賛装飾中のお堂、ワット・パリワート その1」
「制作過程が観られるお寺 ワット・パリワート その2」

IMG_4594.jpg
現在鋭意改修中の大小2つあるお堂の大きいほう、その表門を観てみましょう。
ここは完成しているんですが、その前の部分で作業をしているので、全体写真が撮れません。
ちょい残念。

IMG_0663.jpg
中央の正門上部。

IMG_0660.jpg

IMG_0689.jpg
左右の窓。

IMG_0661.jpg
入口を護るトゥア・モームという伝説の動物。

IMG_0726.jpg
正門の扉。天狗のようなクルッ(ガルーダ)。

IMG_0662.jpg

IMG_0665.jpg
門の周りの装飾。

IMG_01911.jpg

IMG_4892.jpg
じっくり顔を見てあげてください。
そうしないとすごさがわからず感動できません。

IMG_0658.jpg

IMG_0666.jpg

IMG_0688.jpg

IMG_0731.jpg

IMG_0193.jpg
壁、窓のレリーフ。

IMG_0197.jpg
上も観てみましょう。

IMG_0196.jpg
天井画、と言うか、細かいレリーフ。  

IMG_01966.jpg
アップにしてみると、中国・インド・タイ・西洋と何でもあり。
プラ・ピカネートもいますね。

裏門の方にも。

IMG_0384.jpg
こちらは中世のフレスコ画を立体化したかのような不思議な世界観。

IMG_0691.jpg
こちらもじっくり観るとすごすぎて圧倒されます。
色彩も淡い上品な色調。

IMG_0385.jpg
こちらのイケメンは・・・あれ?誰かに似ていますね?w

IMG_0692.jpg
実はこのお寺、海外の一部英語サイトでは「David Beckham temple」って呼ばれてるんですよね。
この像が話題になったのではなく、どこかの仏座の一角にある像が紹介されました。
僕はその像がんばって探したんですが、見つからなかったです。
どこにあるんだろう?
これは、それを受けて造ったんでしょうね。
サービス精神でありますw

IMG_0697.jpg
こんな方も混ざってますw

IMG_0657.jpg
レリーフ。


IMG_0702.jpg
それでは、お堂に入ってみましょう!

IMG_4597.jpg

IMG_0711.jpg

IMG_0067.jpg
誰もが目の当たりにすると息をのむと思います!
ほかに見たことがない、すごい個性的な堂内であります!

IMG_0209.jpg
仏座をじっくり観ると、凝りようがわかります。

IMG_0208.jpg

IMG_0210.jpg
様々な神の像が並んでいます。

IMG_0211.jpg
クルッやナーク、ハヌマーンもいますね。

IMG_0213.jpg

IMG_0721.jpg
壁面はラーマキエンに出てくる神々がレリーフで。
プラ・プロムもいます。

IMG_0212.jpg
仏の頭上にはトッサカンですかね。
この位置にいるのは珍しい。

壁には一面にレリーフが施されています。
全部紹介!!
IMG_0198.jpg

IMG_0199.jpg

IMG_0200.jpg

IMG_0201.jpg

IMG_0202.jpg

IMG_0203.jpg

IMG_0204.jpg

IMG_0206.jpg

IMG_0207.jpg

天井!
IMG_0707.jpg

IMG_0214.jpg
表門側の壁。

IMG_4872.jpg
よく観ると、蜂蜜が好きなあの黄色い奴もw

ただただすごい!
すごいとしか言えませんですよ・・・!

しかし、この堂、いったいいつから作り始めいつ作業が終わるんでしょう?
外で作業をしてるかたに、雑談交じりにいろいろ聞いてみました。

続きます!

タグ:観光 仏像 BRT



ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 18:00 | Comment(4) | タイのお寺
この記事へのコメント
先生、今まで一つのお寺を三部構成でブログ書いたことありましたっけ?w すんごく好きじゃないですか、このお寺♪

確かに見所が超満載ですからね(^o^) ここは真面目にお寺を作っているのか甚だ疑問ですw でも、現在も鋭意製作途中なんですよね?(^_^;)

まさかスペインのサグラダファミリアを目指したりとかじゃないですよね(≧∇≦)

壁画とか正直かなり力を入れて作られていますからタマに出てくるバットマンやインディアンやベッカムはどうしたいんでしょうねw しかもプーさんまで(^o^)
Posted by Edge80 at 2016年11月06日 21:04
装飾の中の子供(赤ちゃん)は何とも言えない表情してますね。

壁から天井から細かいレリーフの色使いは本当に圧倒されますね。ベッカムですか!リンカーンかと思いましたw。

真面目なものからユニークなものまで見るものを飽きさせない造りが製作者のセンスを感じさせますね!
Posted by 大阪のヤス at 2016年11月07日 10:16
Edge80さん

>先生、今まで一つのお寺を三部構成でブログ書いたことありましたっけ?w すんごく好きじゃないですか、このお寺♪

このお寺はバンコクで3つに入るほど好きなお寺になると思います。
もしかしたら一番好きかも?w
最高です!

>確かに見所が超満載ですからね(^o^) ここは真面目にお寺を作っているのか甚だ疑問ですw でも、現在も鋭意製作途中なんですよね?(^_^;)

たぶん、ベッカム寺院で受けたので、サービスのつもりでいろいろ織り交ぜてるんだと思います。
それが寛容されるのがまたタイのすごいところ。

>まさかスペインのサグラダファミリアを目指したりとかじゃないですよね(≧∇≦)

でも、タイにはそんなところいっぱいありますよね。
人件費も安いので、お金さえあればいくらでも時間かけてやれるんでしょうね。

>壁画とか正直かなり力を入れて作られていますからタマに出てくるバットマンやインディアンやベッカムはどうしたいんでしょうねw しかもプーさんまで(^o^)

いろんな国の人に受けたいんですよ。
その無邪気さ、無垢さもいいじゃないですかw
Posted by たーれっく at 2016年11月16日 10:16
大阪のヤスさん

>装飾の中の子供(赤ちゃん)は何とも言えない表情してますね。

このシリーズはどれもいい表情してるのでじっくり見てもらいたいところです。

>壁から天井から細かいレリーフの色使いは本当に圧倒されますね。ベッカムですか!リンカーンかと思いましたw。

ベッカムか自信はないですが、たぶんそうだと思います。
今度行ったときに造ってる人に聞いてみますw

>真面目なものからユニークなものまで見るものを飽きさせない造りが製作者のセンスを感じさせますね!

こういうのはどうやって設計して造るんでしょうね?
じっくり見ても見落としてるところがいっぱいありそうです。
Posted by たーれっく at 2016年11月16日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: