2016年11月07日

いつ完成する? ワット・パリワート その4

タイ・バンコクの、BRTで行くローカルお寺巡りの旅。
2つ目のお寺、ワット・パリワート(วัดปริวาส)の紹介の第4回目です!
その1〜3はこちら!
「絶賛装飾中のお堂、ワット・パリワート その1」
「制作過程が観られるお寺 ワット・パリワート その2」
「美しき聖堂 ワット・パリワート その3」

IMG_0746.jpg
大小2つのお堂を見学いたしました。
現在鋭意改修中のお堂ですが、いったいいつこの工事が終わるんでしょうね?
像を一つ作るのにも1か月以上の時間をかけているんです。
大きい堂のあとは、まだほとんど手付かずの小さい堂が待っています。

IMG_0217.jpg
堂を囲む回廊に至ってはまだノータッチですよ。
タイのお寺の回廊は普通たくさんの仏像がずらりと並びます。
ここもそうなるでしょうが、おそらく普通とは違う個性的な回廊になるんじゃないかとにらんでいます。

作業してる人のよさそうなあんちゃんに聞いてみました。

まず、このお寺の歴史を簡単に。
ワット・パリワートは、今から200年ほど前のラマ2世の時代にできたお寺です。
古いお寺ですね〜。
当時は、ワット・パリワート・ラーッソンクラームと言う名前だったようです。

廃れたお寺だったのですが、新しい大小のお堂が12年前に建てられました。
今改修してるお堂ですね。

IMG_0762.jpg
当時のお堂の模型が別の堂に展示されています。
なんてことのない堂なんですがw、模型を作っちゃうくらいなんで、うれしかったんでしょうな。

そして、今から7年前に改修工事が始まります。
2016年現在、7年の作業時間がたってるようです!
そして、完成予定は13年後!
20年の計画でやっているそうです。

ふはーっ! 20年!
ワット・スタットで27年、ワット・インタラウィハーンの大仏で60年かかってますからね。
20年は短いのかもしれませんが、気の長い話であります。

まだこれで半分も終わってないということですから、今後もちょくちょく進捗状況を観に来る楽しみがありますな!


IMG_0735.jpg
回廊の4隅には、結界石代わりのモニュメントが建っています。
結界石なのかな??
4種類とも全く違うデザインです。

IMG_0742.jpg
しかも、表と裏でデザインが違うんです。
例えば、涅槃仏が描かれているこれが表側。

IMG_0743.jpg
ぐるりと回って、これが裏側。

IMG_0739.jpg

IMG_0744.jpg

IMG_0750.jpg
台座のレリーフもまたそれぞれ楽しく美しいので必見です。

IMG_0748.jpg
ありゃ?こんなとこに本来の結界石が無造作に置いてあるw
いいのかなぁ?

IMG_0763.jpg
これだけで終わりじゃないですよ!
まだ川のほうにいろいろあるので押さえておきましょう。

IMG_0126.jpg
こちらは、高僧、ルアンポー・ウォンさんのお堂。
先ほどの模型も展示されているとこです。

さきほど、このお寺の名前がワット・パリワート・ラーッソンクラームと言いました。
ラーッソンクラームは王族戦争(王室戦争)みたいな意味になりますが、人の名前だそうです。
この名前の時、この寺周辺は荒れていて争いが絶えなかったそうです。

IMG_0127.jpg
そのとき、このウォンさんがいろいろととりなし、寺の名前も戦争(ソンクラーム)なんてつくからあかんのや!と、ワット・パリワートに改めたそうです。
それ以来小競り合いもピタリと収まり平和になり、ウォンさんはさらに尊敬を集めたそうです。
そんな寺の歴史。
(でも今だ一部の表記はワット・パリワート・ラーッソンクラームってなってますけどw)

IMG_0125.jpg
こちらは川の方角、礼拝堂があります。

IMG_0701.jpg
こちらの大きな建物、下の階は集会場ですが、上はいつも扉が閉められています。
4回このお寺に行きましたが、いつも閉まってるんですよね。
開いてたらラッキーですので、ぜひ入ってみてください。

IMG_0752.jpg
立派な扉は、左がお馴染み、プラ・ナーラーイ・ソン・スバン。
右が、エーラワン像に乗ったプラ・イン(インドラ神)。

中の画像はこちらの英語サイトにありました。
The David Beckham Templeと紹介されてますね。
ベッカム寺。
どうやら、オリジナルのベッカムの像もこの中にあったようです。

IMG_0754.jpg
お隣は屋根付き礼拝所ですね。
たくさんの仏像が祀られています。

IMG_0061.jpg
ホントに神様なの?ってのもw

IMG_0753.jpg
クルッ(ガルーダ)。

IMG_0755.jpg
小さなお堂。

IMG_0757.jpg
中では猫ちゃんがお昼寝中。
このお寺、猫だらけなんですよ。
どいつもこいつも逃げないので触りたい放題ですw

IMG_0758.jpg
奥にはチャオプラヤー川が。
魚がうじゃうじゃいるので、売っているパンをあげると楽しいです。

IMG_0218.jpg
この川辺に屋台食堂があるんですけど、お昼時は超満員で大人気です。
僕は食べたことありませんが、こんな奥まで客が来るということは美味しいんでしょう。

IMG_0760.jpg
そしてここには、めちゃくちゃ美しいプラ・ピカネート(ガネーシャ)の像があります!
ナーク(ナーガ)様も一緒です!
この像、フォルムがめちゃくちゃ美しい!
見惚れてしまいますな!

IMG_4870.jpg
ぜひネズミにお願い事をしておいてください!


4回にわたって紹介したワット・パリワート!
今後もどんどん改修工事が進んでいくと思います。
どう変わっていくか今後が楽しみ!
僕もちょくちょく不定期に観に行こうと思っています!

みなさんもぜひBRTに乗って行ってみてくださいね!
ちなみに、アソークからタクシーで行くと、(渋滞ほとんどなしで)7〜80B(210円)ほどです。


それでは、BRTで「ワット」と名のつく3つの駅の最後、ワット・ドックマーイへ向かいましょう!

タグ:観光 仏像 BRT



ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 14:26 | Comment(4) | タイのお寺
この記事へのコメント
ワット・パリワートをここまで詳細に紹介された日本人はいらっしゃらないのではないでしょうか!4部作お疲れ様でした〜。

造っている途中というのも先生のつぼにハマっているのではないでしょうか?BRTがないとなかなかこっちエリアに来ることも少ないでしょうし、BRTさまさまですね!
Posted by 大阪のヤス at 2016年11月08日 08:28
先生、このお寺だけでショートエッセイとか書けそうですね(^o^) ぜひたっぷりのイラストとマンガ満載でお願いします♪ あぁ、待ち遠しいw

ここはたぶん外とは時間軸が違うんでしょうね(^_^;) ここに限らずですけど、寺社仏閣は悠久の時の流れにどっぷり肩まで浸かってるので何十年とか時間をかけてしまえるんでしょうね(* ̄∇ ̄*)

見る側としては完成を見たいですけど、けっこう自由に時間を使ってるので終わりが見えないですね(^_^;)

先生、お疲れさまでした(^o^) って言うか、まだ続くんですよね?次が3つ目ですね♪
Posted by Edge80 at 2016年11月08日 09:43
大阪のヤスさん

>ワット・パリワートをここまで詳細に紹介された日本人はいらっしゃらないのではないでしょうか!4部作お疲れ様でした〜。

これから絶対有名になるお寺だと思います。
でも、グーグルの検索では絶対僕のブログは上に行かないんですよね。
グーグルに嫌われてますです。

>造っている途中というのも先生のつぼにハマっているのではないでしょうか?BRTがないとなかなかこっちエリアに来ることも少ないでしょうし、BRTさまさまですね!

ぜひBRTに乗って行ってもらいたいですね〜。
広く知ってもらいたいお寺です。
Posted by たーれっく at 2016年11月16日 10:28
Edge80さん

>先生、このお寺だけでショートエッセイとか書けそうですね(^o^) ぜひたっぷりのイラストとマンガ満載でお願いします♪ あぁ、待ち遠しいw

ここだけじゃなく、タイのお寺神様関係で電子書籍出したくて、このブログでも記事を書いてる感じです。
子猿本も出したいし、やりたいことだらけなのに時間がないっす!

>ここはたぶん外とは時間軸が違うんでしょうね(^_^;) ここに限らずですけど、寺社仏閣は悠久の時の流れにどっぷり肩まで浸かってるので何十年とか時間をかけてしまえるんでしょうね(* ̄∇ ̄*)

気が遠くなりますよ。
5年10年とか普通にかかってるものが多すぎますw

>見る側としては完成を見たいですけど、けっこう自由に時間を使ってるので終わりが見えないですね(^_^;)

ここもあと13年とか言ってますが、1〜2年は確実に伸びそうですねぇw

>先生、お疲れさまでした(^o^) って言うか、まだ続くんですよね?次が3つ目ですね♪

燃え尽きたので、あとは流しますw
Posted by たーれっく at 2016年11月16日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: