2016年11月25日

美しき鳥の乙女 キンナリー

タイの神様を紹介するシリーズ。
今回はレアキャラ、キンナリー(กินรี)であります!

IMG_0474.jpg
タイでは古くから文学や舞踊、絵画、ドラマなどで親しまれています。

キンナリーは、日本では緊那羅(きんなら)と呼ばれてますが、タイとは全然姿かたちも違いますね。
タイでは上半身が人で下半身が鳥の姿をしていています。

IMG_0055.jpg
女性がキンナリー、男性をキンノーン(กินร)と呼んでいます。
(書いてあるものによってまちまち)

バンコクにキンナリーというちょっと高級なレストランがあるので、名前を聞いたことがある人は多いかも?
あと、パタヤにもキンナリー・パレスというジェントルマンのためのラウンジがありますねw
キンナリーのような女性がいるかどうかは別として、行かれたことがある殿方もいらっしゃるかとw
それらはこの神獣から名前をとっています。

日本のウィキには「音楽の神」と書かれていますが、タイのウィキでは見かけません。

パー・ヒンマパーン(ヒンマパンの森 ป่าหิมพานต์)という神話の中の森に棲んでいると言われています。
ヒンマパンの森はカオ・プラスメン(プラスメン山。日本でいう須弥山)のふもとにあるとされ、タイの神様を調べてると頻繁に出てきます。
タイ人ももちろんみんな知ってるそうで、ヒマパンなんちゃら、と言うお店も検索すると引っかかりますね。
絵画なんかでは楽園のように描かれます。
クルッ(ガルーダ)もこのヒンマパンの森の住人です。

キンナリーで一番有名なのは、タイのお寺の最高峰、ワット・プラケオにあるキンナリーなのですが・・・
残念ながら入場料500Bの壁が厚すぎて、写真を撮りに行けません〜。
誰か僕をワット・プラケオに連れてって!

IMG_0568.jpg

IMG_0571.jpg
お寺を巡っていてもなかなか見かけないので、もしあると「ラッキー!」と思っています。
(上の写真はタイ国立博物館にて)

IMG_0083.jpg

IMG_0084.jpg
お寺の柱を見るといらっしゃることがよくあります。

IMG_0681.jpg

IMG_0683.jpg

IMG_0758.jpg

IMG_0760.jpg
もっぱら電球を持つ係りですねw。

IMG_0162.jpg

IMG_0163.jpg
こちらは堂内ですが、やはり電球持っています。
このキンナリー、フォルムがめちゃくちゃ美しい・・・!

IMG_0171.jpg
街灯でも見かけました。

IMG_0585.jpg
扉などに施されるレリーフにもよく描かれます。

IMG_4342.jpg
あと、お堂の壁画の中にもよく見るといますね。
壁画があったらよく探してみましょう。
ワット・プラケオの回廊の壁画にもいるはず!

IMG_0207.jpg
こちらのレリーフはヒンマパンの森とともに美しく描かれています。
絵画では湖で水浴びしてるシーンが多いです。


間違えやすい神獣もいるので、注意!

IMG_0479.jpg
こちらはキンナリーに見えますが足が違います。
下半身が鹿(もしくは馬)の足なのは、アサパラシーハ(อัปสรสีหะ Apsara Siha)というようです。

IMG_0452.jpg
そして、もはや鳥にしか見えないこちら。

IMG_4581.jpg

IMG_0110.jpg
かっこいいですが、こちらはタンティマー(นกทัณฑิมา Dandima)というようです。

こちらもレア中のレアキャラですけどね!
みなさん、ヒンマパンの森の住人です。


そして、文学では、タイの抒情詩「ラーマキエン」にも描かれている、「プラ・ストン‐マノーラ(พระสุธน-มโนราห์)」というキンナリーのマノーラとプラストン王子様のラブストーリーがすごく有名で、2015年にはドラマにもなっています。
ドラマではさすがにキンナリーは人間の姿ですけどねw
マノーラというキンナリーがヒロインなんですけど、マノーラと聞いてピンと来る人もいますよね。

IMG_4229.jpg
そうです、タイのスナック菓子、マノーラはこのキンナリーから名前をとっています(タイ文字の綴りは違いますが)。
隠れファンの方も多いですよね!

このストーリーはタイ舞踊の題材としてもとても有名です。
悲劇のラブストーリーですね。

IMG_0692.jpg
美しきキンナリー。
ぜひタイのお寺に行ったらキンナリーも探してみましょう〜!

タグ:観光 仏像





ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 18:52 | Comment(3) | タイの神様
この記事へのコメント
キンナリーとキンノーン、違いが「ี」だけというのが面白いですね〜
キンナリーといえばトールウェイの防音壁?の上に居るキンナリーさんが造形的にオイラは好きですね(^^)
Posted by Mod at 2016年11月25日 20:40
キンナリーを最初に見た時、ハーピーと何かしら関係があるのかと思いましたけど、どうも関係ない感じだったのを覚えています。

ハーピーはもっと猛禽類に近くて獣要素が高い感じでした。まぁ、文献を斜め読みだったので祖先は近かったのかもしれませんw ←いいかげんw

そもそもキンナリーのような美しさはないですからね(^o^) クルッやナーガとともにあちらこちらで見られるので数も相当多いですね♪
Posted by Edge80 at 2016年11月25日 21:24
では、生身のキンナリのご紹介。
タイの若手歌手でCat Atitiyaという美人さんがキンナリという曲を昨年(今年初め?)に出しました。衣装も凝っています。ぜひヨウツベでแคท อาทิติยาで検索してみてください。スッピンの本人は、このMVより数段美人です。まだ、大学生ですよ〜。
Posted by UZ at 2016年11月26日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: