2017年01月04日

壁画がすごい ワット・スタット その2

ずっと長い間本堂の改修工事をしていたワット・スタット。
ようやく中に入れるようになったみたいです。
やった! 待ちくたびれた!

IMG_0107.jpg
こちらの本堂、長さはタイで一番だそうです。
「長さは」ということは、総面積ではほかに大きいところがあるんでしょうな。
さて、どんな感じでしょう。

IMG_0117.jpg
屋根の下のレリーフ。
ラーマキエンのシーンでしょうか?

IMG_0733.jpg

IMG_0147.jpg
本堂周りにある門。

IMG_0735.jpg
門扉に描かれている絵が色鮮やかで美しい。
クルッ(ガルーダ)VSナーク(ナーガ)の図ですね!

IMG_0736.jpg
そうとうなかっこよさ!
保護のためのガラスが光を反射して写真を撮りづらいのがネック。

IMG_0738.jpg
英語による観光客への注意看板があります。
「ガイドはいない、何か質問があれば寺の受付までこい。
寺の周りにいるトゥクトゥクの運ちゃんには注意」
みたいなことが書いてあります。


IMG_0109.jpg
さっそく中に入ってみましょう。
取材時は2017年1月2日。
年明けの参拝客で賑わっております。

IMG_0110.jpg
入り口わきにはがりがりの釈迦像が祀られています。
これは、釈迦苦行像と言って、よく見かける仏像の型ですね。
釈迦が修業時代、6年間に渡って絶食・座禅の苦行に準じていた時の姿を表したものです。
でも、このあと釈迦は「肉体的な修行に意味はない、精神の修行こそが大事」と悟って愚かな苦行に見切りをつけるのです。

えー、じゃあなぜそんな像なんかあるの?って思いますよね?
それは、その苦行があってこそ精神修行の大事さを悟った、ということで、この像が敬われているのです。
悟りを開く過程の大事さを語っているわけですな。


IMG_0111.jpg
中に入りますと・・・うはーーーっ!!
たしかに奥行きがすごい!

IMG_0115.jpg
こちらも壁画がみっしりと奥の方まで描かれていて圧巻であります!

IMG_0113.jpg
しかし、新年の儀式の真っ最中で中がちゃんと見られないーー!!
なんてこった・・・!

残念ですが仕方ないですね。
またあらためて伺いたいと思います。
また来なくちゃいけないのかw
2016年9月以来、5回ここに来ております。

追記
2017年1月5日、再訪してきました!
今回は中に入れましたよ!

IMG_0152.jpg
奥行きのある堂内。

IMG_0155.jpg
近づくと、大仏様のお膝元にたくさんの僧侶の人形が置かれています。

IMG_0158.jpg
みなさん大仏様に向いているのかと思ったら、中央にある釈迦仏に顔を向けていますね。

IMG_0163.jpg
色の違う像が混じっているのはなぜでしょう?

IMG_0154.jpg

IMG_0166.jpg
色鮮やかで美しい衝立があります。

IMG_0153.jpg

IMG_0160.jpg

IMG_0161.jpg

IMG_0168.jpg
壁画は礼拝堂のほうほどは損傷していませんが、こちらのが古く感じますね。
かつての人々の暮らしが描かれているようです。

IMG_0171.jpg
キンナリーがいますね。
ヒンマパンの森かな?

ようやくじっくり本堂が見られて、肩の荷が下りた気分です。(追記終わり)


IMG_0609.jpg
ワットスタットの地図であります。
左から鳥居型のサオ・チンチャー。
オレンジの四角が礼拝堂。
真ん中左の緑の長方形が本堂になります。
赤い右半分はクティ(僧房)になります。

IMG_0732.jpg
自由に入れちゃいますけど、お坊さんの私生活空間なので、入らないほうがいいでしょう。

地図の上側、通り沿いにも様々な像があるので見逃せません。

IMG_0118.jpg

IMG_0745.jpg

IMG_0604.jpg

IMG_0748.jpg
これらも中国との交易でもたらされたものでしょうか。

IMG_0119.jpg

IMG_0120.jpg
釈迦の周りでセクシーダンスの図。

IMG_0741.jpg

IMG_0742.jpg
セクシーであります。

IMG_0744.jpg

IMG_0751.jpg
プラクルアン(お守り)の売り場も2軒あります。
「ワットスタットのプラクルアンはパワーがあることで有名なのよ!」とタイ語学校の先生もおっしゃっていました。

IMG_0746.jpg
プラ・メートラニーさんのレリーフも。
髪からあふれ出る水の描写がダイナミックで素晴らしい。

IMG_0750.jpg
中華系の祠にラーマキエンのレリーフ。

IMG_0752.jpg
男女交歓のレリーフがありますが、損傷が激しいですね。
いたずらしちゃだめよ!

IMG_0753.jpg
ヨガな修行のほうは損傷が認められずw


と、バラエティに富んだワット・スタットはとても見応えがあります。
そして、その周辺にはヒンドゥーの影響も色濃いのです。
次回は、サオ・チンチャー(ジャイアント・スウィング)とともに周りのヒンドゥー施設を紹介いたします。

続く。








ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 21:04 | Comment(2) | タイのお寺
この記事へのコメント
とてもきれいですね、ここは。やっぱり王室御用達なのでふんだんに時間と資金を投入しているんですかね?(^o^)

どれもこれも手が込んでる気がしますね。キレイなものもあれば妙にリアルなものもあり、行ってみたら時間を忘れて楽しめそうです。

御釈迦様の苦行像はずいぶんリアルで食欲が出なくなっちゃいそう(^_^;) まぁ、たぶん食べますけどw
Posted by Edge80 at 2017年01月09日 20:06
Edge80さん

>とてもきれいですね、ここは。やっぱり王室御用達なのでふんだんに時間と資金を投入しているんですかね?(^o^)

王室御用達寺院の醍醐味ですね!

>どれもこれも手が込んでる気がしますね。キレイなものもあれば妙にリアルなものもあり、行ってみたら時間を忘れて楽しめそうです。

隅々まで見て行くといろいろな発見がありそうです。
壁画はさすがに上の方は見られないので、写真に撮って拡大ですね。

>御釈迦様の苦行像はずいぶんリアルで食欲が出なくなっちゃいそう(^_^;) まぁ、たぶん食べますけどw

元スマップの草g君に似てるんですよね〜w
Posted by たーれっく at 2017年01月18日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: