2017年06月04日

バンセンに行こう! ワット・セーンスック 2

バンセンにある地獄寺、ワット・セーンスックにやってまいりました。
駐車場エリアのゆるコンクリート像を見て回ります。

IMG_2008.jpg
その駐車場を入って左奥にまた門があります。
「ムアン・サワン」、天国と書かれています。
地獄寺は、地獄だけでなく、天国・現世と三つの世界がセットになっているのが基本です。
いつも地獄だけがフィーチャーされますが、ここも天国がちゃんとあるようです。
下に、「スワン・ワンナッカディー」、文学の園、とありますから、文学を題材にしていると推測されます。

IMG_2007.jpg
門の周りにはおっぱいを丸出しにした天女の像が立ち並びます。
これは天国に違いないですな!

IMG_2009.jpg

IMG_2010.jpg
門の周りにある像から紹介。

IMG_2012.jpg
これは達磨祖師とありますね。

IMG_2011.jpg
なにか有名な親孝行のお話があるんでしょう。
(「ラーマーヤナ」に描かれている「シャラの森の孝行息子」のエピソードか?)

IMG_2013.jpg
諸葛亮孔明ですね。
プレートに漢字があるのでまだわかりやすい。

IMG_2015.jpg

IMG_2016.jpg

IMG_2017.jpg
でも、中華系中心でまったくわからんものも多いですな。
きっと有名なお話があるんでしょう。
これらも、子どもたちに文学に興味を持ってもらうために造られているんでしょうな、たぶん。

IMG_2018.jpg
最後はヒンドゥーの神様のみなさん。
ヒンドゥーも元はヴェーダという物語ですから、文学の園の一員です。






続いて十八羅漢の像とあります。
18人の阿羅漢像が並んでいるようです。
阿羅漢って、僕は昔の映画の影響でアラハンって読んじゃうんですけど、一緒に行っていた友人はアラカンと言っていました。
ウィキだとアラカン、アラハンは中国読みでしょうな。
まあ、十八ラカンって読みますし、そちらが日本では普通でしょう。

ここからはまた癖の強い造型師が作っているようで、作品が濃いです。
いきますよ〜、18連打!

IMG_2019.jpg

IMG_2020.jpg

IMG_2021.jpg

IMG_2022.jpg
髭をいぼみたいなこぶで表現するから、すごく怖い〜。

IMG_2023.jpg

IMG_2024.jpg

IMG_2025.jpg

IMG_2026.jpg

IMG_2027.jpg

IMG_2028.jpg

IMG_2029.jpg

IMG_2030.jpg

IMG_2031.jpg

IMG_2032.jpg

IMG_2033.jpg

IMG_2034.jpg

IMG_2035.jpg

IMG_2036.jpg
阿羅漢って、僕は上座部仏教における解脱した人、というイメージなんですけど、観音などを祀ってる大乗仏教系のこの中華寺でこれはありなんでしょうかね?
謎であります。

IMG_2037.jpg
なんていぶかしげに見て歩いておりますと、最後にマリア像がありましたw
どうでもいいんだなw

IMG_2040.jpg
噴水がありまして、濡れ髪の女神、プラ・メートラニーさんを中央に周りをたくさんの女神が鎮座しております。
商売繁盛の女神、ナーン・クワックさんやら、宗教関係なく節操がありませんw

IMG_2039.jpg
このかた誰かな〜?

IMG_2038.jpg
川の女神、プラメーコンカーさんかなぁ〜?と思ったんですが、あれはワニに乗ってますよね。
残念ながら噴水系はどれも水が入っていなくて残念。

IMG_2041.jpg

IMG_2042.jpg

IMG_2043.jpg
ここら辺は文学系の続きかな?

IMG_2045.jpg
柵がありまして、中央に亀の像が。

IMG_2044.jpg
柵の大きな隙間からコインを投げて亀の土台にそれが乗ればラッキー!というゲーム感覚のお布施であります。
やってみたら無事乗っかったので、ラッキー!

IMG_2046.jpg
西遊記の像。
あ、これも文学ですな。

IMG_2047.jpg
やっと、仏教っぽくなってきましたw

IMG_2048.jpg
これは、十二支かな?と思ったんですが、違うようですね。
中央にリンガがあり、見逃しちゃいましたが看板に「男は右から、女は左から回れ」と書いてありますね。
うっかり左から回っちゃいました。

IMG_2049.jpg
いいんですか?
こんな煩悩の塊のような像を置いて?

IMG_2050.jpg
ゆるすぎるぞ! プラ・ラーフーさま!

IMG_2051.jpg
何が言いたいんだ!? 首なし!
謎の円陣でした。

ため池があり、御多分に漏れずナマズがうじゃうじゃいるのでエサをあげるタンブン(功徳)であります。
気持ちいいくらい勢いよく食べてくれるので、あげ甲斐があります。

IMG_2052.jpg
その池にある観音像。
逆光になっちゃいましたが。

今回はこの辺で。
まだ半分くらいですかね。
まだまだ地獄には到着いたしません〜w


続く。




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 11:28 | Comment(4) | タイのお寺
この記事へのコメント
中華系は独特の雰囲気がありましたなぁ〜。( ̄∇ ̄)
Posted by at 2017年06月04日 13:58
コンクリート像は中華系のものが多いんでよくわからない感じですが先生のブログお馴染みのプラメートラニーさんやプララーフーさんもいらっしゃいましたねー!

ゆる〜い感じは変わらないですけど地獄寺ってこんな感じのタッチが多いのですかね!?
Posted by 大阪のヤス at 2017年06月05日 10:55
Mさん

>中華系は独特の雰囲気がありましたなぁ〜。( ̄∇ ̄)

作ってるのも中国人なんですかね?
Posted by たーれっく at 2017年06月06日 09:21
大阪のヤスさん

>コンクリート像は中華系のものが多いんでよくわからない感じですが先生のブログお馴染みのプラメートラニーさんやプララーフーさんもいらっしゃいましたねー!

もっといろいろ勉強すればどの像も出典が判るようになるんでしょうね。
ブログ記事書きながら勉強です。

>ゆる〜い感じは変わらないですけど地獄寺ってこんな感じのタッチが多いのですかね!?

どうして作ってる人は違うだろうに似た感じになるんでしょうね??
Posted by たーれっく at 2017年06月06日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: