2017年07月05日

BTS新終着駅サムローンから小旅行 ワット・バンプリー・ヤイクラン 大涅槃仏

バンコク郊外バンプリーにあるお寺、ワット・バンプリー・ヤイクラン。
本堂の次はメインの巨大涅槃仏を観に行きましょう。

裏口から入ってしまったので、涅槃物の堂も裏側に出てしまいます。
ぐるりと表に回ります。

IMG_3098.jpg
こちらが涅槃仏堂の入り口。
簡易のトタン屋根が足されていますな。

IMG_3099.jpg
入口を護るヤックも堂々としております。

IMG_3140.jpg
反対側のヤック。
看板には、「マハーウィハーン・プラノーンヤイ(大涅槃仏大礼拝堂)」と書かれています。
仏歴2521年(西暦1978年)に建てられたようです。

IMG_3100.jpg
ナーガもひと首ながらとぐろな感じがかっこいい!

IMG_3101.jpg
それでは靴を脱いで入りましょうか。
猫ちゃんがくつろいでおります。
このお寺、犬も多いですが猫もいっぱいいます。

IMG_3102.jpg
曜日の神様のおみくじマシーン。

IMG_3103.jpg
おおっ、でかい!!
ワットポーの涅槃物とよく似ていますな!
ワットポーは堂を頭側から入りますが、こちらは正面にドーンと寝ていらっしゃいます。
それに、狭いワットポーと比べてこちらは広くゆったりとした堂。

IMG_3104.jpg

IMG_3105.jpg
扉のレリーフ。

IMG_3106.jpg

IMG_3107.jpg
大きいですね〜。
タイ語版のウィキペディアには「タイで一番大きい」と書かれていますが、本当でしょうか?
ちなみに、ワットポーの涅槃物が長さ46メートル高さ15メートルなのに対して、こちらは長さ52.5メートル高さ18メートルになります。
ブロンズ製。






裏側に回ってみましょう。

IMG_3108.jpg
ワットポーと同じく賽銭を入れる鉢があります。

IMG_3110.jpg
ありましたありました。
この涅槃仏、胎内に入れるのです。
5バーツを箱にいれて中に入ってみましょう。

IMG_3112.jpg
中は若干暗いのでぶれた写真が多いです。
あらかじめ、すみません。

IMG_3111.jpg
びっしりと壁に絵が描かれております。

IMG_3113.jpg
いきなり階段。上がってみましょう。

IMG_3114.jpg
高僧の絵。

IMG_3115.jpg
柱には何か妖しい絵がありますね。

IMG_3116.jpg
今はセクシーでもいつかは年を取るんだぜ、みたいな感じでしょうか?

IMG_3117.jpg

IMG_3118.jpg
謎のメッセージ。

IMG_3119.jpg
絵の外に書かれている文字は寄進者の名前と寄進額のようです。

IMG_3120.jpg
こんな感じで奥まで続いております。

IMG_3121.jpg
一個一個丁寧に見て行ったらどんだけ時間がかかるかわかりませんな。

IMG_3122.jpg
あれ?写真見て気が付いたんですが小窓があって外が見られるみたいですな。
手を合わせるセクシーおねーさんに見とれてて気が付かなかった!

IMG_3123.jpg

IMG_3124.jpg

IMG_3125.jpg

IMG_3126.jpg
様々な仏画が描かれております。

IMG_3127.jpg
これが一番端っこ。足の部分ですね。

IMG_3128.jpg
さらに上に上がります。

IMG_3129.jpg

IMG_3130.jpg

IMG_3131.jpg

IMG_3132.jpg
3階部分ですね。
写真は撮っていませんが、地獄の描写も多いです。

IMG_3133.jpg
ロフトのようになった4階部分へ。

IMG_3134.jpg

IMG_3135.jpg
極楽、いいところっぽいなぁ〜。

IMG_3136.jpg
4階部。
お寺のかたが掃除をされてましたので、終わるのを待ちます。

IMG_3137.jpg
はい、こちらが最終地点。
心臓・・・でしょうね。
あれ? 最上階なので頭部と思っていたんですが、心臓のあたり?

なかなか珍しい体験でした!
涅槃物を後にいたします。


IMG_3141.jpg
涅槃物のお堂の正面にも礼拝堂があります。
普通の礼拝堂かなぁ〜と思ったら、ん? 後ろの絵、地獄のようですね。

IMG_3142.jpg
お〜、なかなかポップな色遣いの地獄絵であります。
漫画チックな感じ。

IMG_3143.jpg
左が胴体真っ二つの刑と、右はお馴染み地獄の木ですね。
地獄寺ではお馴染みの地獄ツリーはトン・ンギウというそうです。

IMG_3144.jpg
地獄寺でもお馴染みのシーンがいっぱい!

IMG_3145.jpg
その横には、テープ・タンジャイさんの像があります。
最近人気のミャンマーの神様。別名ボーボージー。

IMG_3146.jpg
差し出されて人差し指を額に当てて祈ると、願い事がたちどころにかなうと言われている神様です。

IMG_3147.jpg
その横には王様ですが、ラマ何世ですかね?

この礼拝堂をさらに先に進むと、正門があるのでした。
このときはじめて裏門から入っていたことに気が付きます。

IMG_3149.jpg
改めて正門。
この前の通りにソンテウがバンバン走っているので、帰るときもここから乗ると便利です。
ただし、ここから出るサムローン行きは到着まで1時間半以上かかります。(後で詳しく)

IMG_3148.jpg
門を護る狛犬もかっこいい! ドドンゴみたい!

IMG_3150.jpg
正門入ってまっすぐ見たところ。

IMG_3151.jpg
僧侶の托鉢の列。

IMG_3152.jpg
ナーガ。

IMG_3153.jpg
こちらがお寺の地図ですね。
デカい寺だということがわかります。

IMG_3154.jpg
正門入って右側にため池がありまして、そこに東屋があります。
中央で何か祀られているので、そちらを見てみましょう。

IMG_3155.jpg
僧侶の像が祀られています。
このお寺ゆかりのかたでしょうな。
近づいたら遠くからおじさんが「靴は脱ぐように!」と注意してきます。
しかし、入り口付近は鳩の糞だらけでとても上がる気にはなれず。
諦めて引き返します。

こちらは以上ですかね。
あとは建設中の大仏塔を観に行きましょうか。
もと来た裏門の方に引き返します。

IMG_3157.jpg
あ、引き返す途中にあった高床式の堂。
看板には「どうぞお立ち寄りを。4つの仏足石」とありましたが、扉が閉まっていて入れず。


IMG_3160.jpg
はい、こちらが最後の大物、大仏塔でありますが・・・続く!




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:57 | Comment(0) | タイのお寺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: