2017年11月16日

国王火葬場、プラメールマートを囲うヒンマパンの神獣たち

国王葬儀のお堂、プラ・メールマート(พระเมรุมาศ)を紹介しております。

一般公開されているプラ・メールマートのパビリオンについての記事はこちら。
「国王火葬式場、一般公開 プラ・メールマート」
プラ・メールマートを護る神様の像に関する記事はこちらです。
「国王火葬式場、プラ・メールマートの神様たち」

IMG_8598.jpg
今回は、プラ・メールマート周囲を飾る神獣について解説したいと思います。

プラ・メールマートは、インドの伝説の山、須弥山を模しています。
須弥山のふもとには広大な「ヒンマパン(หิมพานต์)」と呼ばれる森があり、そこにはたくさんの神獣が住んでいると言われています。
タイの古典美術でも好んで題材にされ、豊かな想像力でたくさんの幻獣が創造されました。
このプラ・メールマートではそれらの世界を再現していて、お堂の周囲にはたくさんの神獣の像がジオラマで飾られております。

ヒンマパンは英語では「Himavanta」と書くみたいですね。
これ、普通に読んだら通じないですな。
日本語だと「ヒマパン」と書かれていることが多いですが、発音は「ヒンマパン」です。

ヒンマパンはトライプーミー・プラルワン(三界経)という仏教経典にも登場するそうです。

三界経(さんがいきょう)!
これ、重要ワードですね〜。
タイで最古にしてもっともすぐれた仏教書といわれています。
三界(トライプーミーorトライプーム)とは、欲界・色界・無色界のことで、輪廻の世界をあらわします。
1345年にタイで編纂されたトライプーミー・プラルワン(ไตรภูมิพระร่วง)は、特に地獄の描写が具体的でめちゃくちゃ詳細なのです。
タイの地獄寺はこの三界経の描写を忠実に再現しております。
また、お寺のお堂の壁画にも詳しく描かれることが多いです。

地獄のがパンチがあるのでフィーチャーされやすいですが、天国のようなヒンマパンの世界がこれだけ大規模に、しかもタイ最高峰の職人によりつくられるのは前代未聞なのであります。
興奮を押さえつつ、じっくりと観て回りましょう。






また前置きが長くなりました。
できれば、ついてきて欲しいw

IMG_8788.jpg
エリアごとにこのようなパネルがあり、タイ語と英語で解説されております。
これ、名前が判ってとてもありがたいっす!

北側からいきます。
名前を全部紹介しようと思いましたが、あまりにも大変なのであきらめました〜。
目立つやつだけ書き留めます。

エリアごとに種族で集めております。

IMG_8794.jpg
象族。 象が一番種類が多いっす。
タイ人、象大好き!

IMG_8707.jpg

IMG_8793.jpg
とてもかわいらしい魚の象ちゃん。
名前は、クンチョンワーリー。

IMG_8791.jpg
右の黒い象は、藤子・F・不二雄先生の漫画に出てましたよね?w
カリンタパクサー。

IMG_8787.jpg

IMG_8786.jpg

IMG_8785.jpg

IMG_8784.jpg

IMG_8782.jpg

IMG_8781.jpg

鳥族が少し入ります。

IMG_8779.jpg

IMG_9346.jpg

IMG_8778.jpg
男性がキンノーン(キンナラ)、女性がキンナリー。
個人的には、ヒンマパンといえばキンナリーが一番最初に頭に浮かびます。
キンナリーに関しては記事にしてありますので、詳細はそちらで。
「美しき鳥の乙女 キンナリー」

IMG_8777.jpg

IMG_8706.jpg

IMG_8704.jpg

IMG_8701.jpg

ちなみに、このジオラマの池の名前はサッ・アノーダート(สระอโนดาต Anodard Pond)と言います。
ヒンマパンには大きな池が7つあり、その中心となる池であります。

IMG_8548.jpg
象族が続きます。

IMG_8549.jpg

IMG_8550.jpg

IMG_8552.jpg
すんません、象は雑になってますねw

IMG_8553.jpg
キンナリーに似ていますが、これはナラシン。
下半身がシン(ライオン)で、シンの一族になるようです。

IMG_8554.jpg
実は写真を見てお分かりのようにすごい人なのです。
撮影ポイントを確保するのが大変!
学生の団体が多いので、蹴散らしながらの撮影ですw(そうしないと邪魔で撮れない〜)

IMG_8555.jpg
こちらはキンナリー、キンノーン(キンナラ)。

IMG_8556.jpg
パヤー・ナーク。

IMG_8557.jpg
ヘーラー。 ドラゴンとナーガのハーフ。

IMG_8558.jpg
キンナリー、キンノーン。

シン(ライオン)一族に入ります。

IMG_8566.jpg
コチャシー。
もうデザインかっちょよすぎ!

IMG_8569.jpg
前列の2体がコチャシーで、後列がタットーという名前なんですが、正直違いが判りません。

IMG_8570.jpg
手前がコチャシー、後ろがタットー。

IMG_8572.jpg
かっちょいい〜、ドドンゴみたい!
カーラシーハ。

IMG_8575.jpg
クライソン・ラーチャシー。

IMG_8576.jpg
この生き生きとした描写!

IMG_8577.jpg

IMG_8597.jpg
シン。

IMG_8598.jpg
シン族、続きます。

IMG_8600.jpg
バントゥ・ラーチャシー。 虎系の入ったシン。

IMG_8601.jpg
ティナ・シーハ。 牛の入ったシン。

IMG_8605.jpg
ティナ・シーハ。

IMG_8607.jpg
右の親子はカーラ・シーハ。

IMG_8608.jpg
またかっちょいいのきたね。 サクナクライソン。

IMG_8613.jpg

IMG_8611.jpg
手前がナーク・プレーン。 人間に姿を変えているナーガ。
後ろが、ホン。 スワンですね。

IMG_8614.jpg

IMG_8617.jpg
ホン。

IMG_8619.jpg
牛族に入ります。

IMG_8620.jpg

IMG_8621.jpg
魚の尻尾の牛。 コー・パルックサカワーリン。

IMG_8623.jpg

IMG_8624.jpg

IMG_8627.jpg

IMG_8628.jpg

IMG_8629.jpg
牛、多いですね。 タイ人、牛も大好き!

IMG_8630.jpg
池を見ると、魚もちょくちょくいます。
初日に盗まれたというのはこの魚系ですかね?

IMG_8637.jpg
まだ牛族続きます。

IMG_8638.jpg

IMG_8639.jpg
ミストを噴出しています。 雰囲気は出ますが、ちょいと見づらいっす。

IMG_8640.jpg

IMG_8641.jpg

IMG_8642.jpg

IMG_8645.jpg

IMG_8646.jpg

IMG_8647.jpg
お、ペガサスっぽい感じ! 牛だけどw
右がパックサーカーウィー。 左がコー・ウスパパックシン。

IMG_8650.jpg
ナーガ族に入ります。
身体が鳥のナーガ、ナーク・パックサー。

IMG_8651.jpg

IMG_8652.jpg
インチキおじさんって感じのナーク・プレーン。

IMG_8654.jpg
パヤーナーク。

IMG_8655.jpg

IMG_8656.jpg
かっこいいねぇ〜。

IMG_8660.jpg
ヘーラー。

IMG_8661.jpg
馬族に入ります。

IMG_8662.jpg

IMG_8663.jpg
口がかわいい、ヘーマラート。

IMG_8664.jpg
こっちが、ヘーマラーアッサドン、というみたい。

IMG_8665.jpg

IMG_8666.jpg

IMG_8667.jpg
来た来た、変なのw シントップナックティといお名前、

IMG_8669.jpg
また来た、怪しいの!
ノック・オーラハン。 オーラハンは阿羅漢のこと。
つまり、悟りを開いたお方ですな。

IMG_8674.jpg
妖しすぎる組み合わせw

IMG_8673.jpg

IMG_8676.jpg

IMG_8677.jpg

IMG_8691.jpg

IMG_8692.jpg

IMG_8693.jpg

IMG_8696.jpg
ペガサス風。 ドゥロンクパックシン。

IMG_8697.jpg
キレン。 たぶん麒麟からきているかと。


以上であります!

周囲にロープが張られて中に入れないプラ・メールマートですが、このヒンマパンの森は間近で見ることができます。
個性豊かな楽しく美しい動物たちを、ぜひじっくり鑑賞してみてください〜!






ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 11:45 | Comment(4) | タイ情報