2017年11月21日

タイと中国の文化の融合 LHONG1919

バンコク、チャオプラヤー川の西側、クロンサン地区にLHONG1919という観光スポットができたので行ってまいりました!
2017年11月3日からプレオープンです。

LHONG1919は、ロン・ヌンカーオヌンカーオ(ล้ง 1919 )と読みます。
ロンは中国語で「廊」と書いて、ギャラリーという意味です。
(追記:下の動画を見ると、当時このような船着き場を「火船廊(フアチュアンロン)」と呼んでいた、と言ってますね。その廊とギャラリーの廊をかけているんじゃないかと推測。あくまで推測)

こちらは、1850年ごろ中国との貿易が盛んなラマ4世の時代にできたオフィスと倉庫が集まる貿易港で、1919年まで使われていたそうです。
それ以降荒れ果てていたのを、今回タイ文化省や中国サイドの協力のもと修復されたとのことです。
(参考サイト「เปิดแล้ว!! ล้ง 1919 (LHONG 1919) ที่เที่ยวใหม่ ใจกลางกรุงเทพฯ」

早速行ってみましょう。

IMG_8902.jpg
まずは、いい感じに朽ち果てた倉庫の壁がお出迎え。

IMG_8903.jpg
入口には大きな中華壁画があり、撮影のための行列ができています。

IMG_8904.jpg
この絵がランドマークですね。

IMG_8905.jpg
中に入ると、コの字型に倉庫が建っております。

IMG_8906.jpg

IMG_8940.jpg
中央には屋台が並んでいます。

IMG_8908.jpg
中華祭壇があります。
「吉祥如意」と書かれていますね。
意味は、「思うがままに幸運を」。

IMG_8909.jpg
看板のタイ文字は、「カーイ・トゥープ」。線香はあっちで売ってるよ、という意味。
お参りする人もたくさんいます。

IMG_8910.jpg
ショップは、倉庫の個室をそのまま使っています。
恐ろしいほどおしゃれで雰囲気があって、逆に近寄れません。
高級店が多いですね。

IMG_8912.jpg
皇帝の服、か何かですかね?

IMG_8913.jpg
この倉庫の無機質な感じ、分厚い壁、時代を感じさせて雰囲気がすごくいいです。
修復はほんとに気を使ってお金をかけているのがわかります。

IMG_8914.jpg
一室が祭壇用の部屋になっていて、自由に入れるみたいなので入ってみました。
当時航海の無事を祈るために造られた神棚のようです。
今は商売繁盛かな?

IMG_8916.jpg
ううむ、なんという高級感。
中華なのに下品さがない。


IMG_8922.jpg
2階部分は残念ながら階段にロープが張られて登ることができません(一部可)。
これはのちに語学学校など文化的方向に利用していくそうです。

IMG_8944.jpg
登れる部分の2階を見てみましょう。

IMG_8946.jpg

IMG_8947.jpg

IMG_8951.jpg
こちらは、細かく描かれた壁画を見ることができます。
この壁画は今回のために時間と手間をかけて修復したようです。


その模様をYOUTUBEで観ることができます。
相当な手間をかけております。

IMG_8952.jpg

IMG_8954.jpg
そのためか、ガラスケースで保護されております。
このガラスが光を反射して、まったく写真に写すことができませんw

IMG_8953.jpg
現場に行ってじっくり観ましょう。

IMG_8948.jpg
2階から望む中庭。

IMG_8949.jpg
2階にも祭壇部屋があります。

IMG_8950.jpg
やはりゴージャスですな。



IMG_8941.jpg


倉庫の裏側に回ってみます。

IMG_8942.jpg
雰囲気のある門を抜け・・・

IMG_8919.jpg
ここも見事なまでに撮影スポットであります。

IMG_8918.jpg

IMG_8926.jpg
壁に生えた草がまたいい味を出しております。

IMG_8921.jpg
壁画がありますね。
マレーシアのペナン島にある壁画をパク・・・彷彿とさせるタッチ。
窓は本物。

IMG_8920.jpg
これ、もともとは右のコの足元に灯油缶が置いてあったみたいですが、危険だったのか撤去されたみたいです。

表側へ。

IMG_8923.jpg
「LOTUS」というタイトルのオブジェ。 どこが?

IMG_8924.jpg
こじゃれてるなぁ。 
こじゃれすぎてて中に入れない・・・

IMG_8925.jpg
こちらにもでかい壁画が。

IMG_8939.jpg
トイレの入り口にあった壁画。

IMG_8927.jpg
この辺りは川も近く、カフェやレストランが並びます。

IMG_8928.jpg

IMG_8935.jpg
対面には倉庫、というかギャラリーですかね。
多目的ホール。

IMG_8931.jpg
中はこんな感じ。
柱が多すぎない?

中庭にはライブができるようにステージが設けられていました。

IMG_8932.jpg

IMG_8933.jpg
チャオプラヤー川が見えます。

IMG_8936.jpg
川を望む立ち飲みバー的なテーブルが設置してあります。
張り紙があって、「危険だからここに座るな」と書いてあります。
確かにここに座ってひっくり返ったら大変!

IMG_8937.jpg
でも、川辺はいいですな。
これで天気が良ければ。

IMG_8938.jpg
すぐそばに船着場があるんですけど、ほとんど使われていないようです。
これを活用すればお客さんもっといっぱい来ると思うのに。
今後使っていく予定かな?

以上ですね。
まだオープンしたてでフル回転で営業、という感じではないです。
これからの展開に期待したいです。

最近のタイの観光スポットはインスタ映え、FB映えが前提となっております。
こちらも見事に撮影スポットがそろっているのでその点ではとても楽しめると思います。
また、恐ろしく雰囲気がいいので、これは実際に来て体験してもらいたいところ。

営業時間は、月〜金が10:00〜20:00
土日が8:00〜20:00.
朝からやっているんですね。
夜が早い。

行き方は、僕はタクシーで行っちゃいましたが、船で行くのが一般的のようです。

BTSでサパーン・タクシン駅へ。
サートーンの船着き場へ。
ここからロン1919への無料送迎ボートが出ているとの噂ですが、公式サイトでは確認できず。
サートーンからラーチャウォン船着場へ(どの船も行きますが、オレンジ旗の船が便利)。
そこから対岸のディンデーン船付き場にまた船で渡ります。
そこから徒歩(900メートル。ただし、複雑なくねくね道)か、トゥクトゥクなどで。

タクシーは、BTSクルントンブリー駅が一番近いようです(約2.5キロ)。
そこからタクシーで。これが一番楽かと。

タクシーの運ちゃん、たぶんロン1919のこと知らない人が多いと思うし、ロン1919が通じない可能性が高いですけど、頑張って伝えてください。

バンコク最新観光スポット、ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか!


LHONG1919の地図。






ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ! タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 12:37 | Comment(0) | タイ観光